研究業績 

2017年

[原著論文]

1.Shinji Kageyama, Masanori Beppu, Hiromu Ohnogi, Sayaka Miyazaki, Akihiro Haruno, Yoshihiko Ito and Shizuo Yamada: Clinical Effects of Formulated Food of Peucedanum japonicum Extract and Saw Palmetto Extract in Male Patients with Lower Urinary Tract Symptoms
LUTS (Lower Urinary Tract Symptoms), DOI: 10.1111/luts.12155

2. Yoshihiko Ito, Shiori Kuraoka, Soma Endo, Ayaka Takahashi, Satomi Onoue, Shizuo Yamada: Urinary imidafenacin contributes to the long-lasting blockade of bladder muscarinic receptors: Effects of bilateral ligation of ureters
J Pharmacol Exp Ther., 360: 69-74(2017) 

3.Akira Mizuno, Tomoshi Kameda, Tomoki Kuwahara, Hideyuki Endoh, Yoshihiko Ito, Shizuo Yamada, Kimiko Hasegawa, Akihito Yamano, Mizuki Watanabe, Mitsuhiro Arisawa, Satoshi Shuto: Cyclopropane-Based Peptidomimetics Mimicking Wide-Ranging Secondary Structures of Peptides: Conformational Analysis and Their Use in Rational Ligand Optimization
Chemistry, 23: 3159-3168(2017)

[総説] 

1.山田静雄:メンズヘルスと機能性食品. 機能性食品と薬理栄養 10:267 (2017)

2.伊藤由彦、影山慎二、山田静雄:前立腺肥大による下部尿路症状に対する機能性食品. 機能性食品と薬理栄養 10:268-273 (2017)

3.山田静雄、伊藤由彦、影山慎二:ノコギリヤシ果実エキスとボタンボウフウエキスによる下部尿路症状の改善. NewDiet Therapy 33: 55-62 (2017)

 

2016年

[原著論文]

1.Masaki Ogoda, Yoshihito Ito, Yusuke Fuchihata, Satomi Onoue, Shizuo Yamada:  Characterization of muscarinic and P2X receptors in the urothelium and detrusor muscle of the rat bladder
J Pharmacol Sci., 124: 1-6(2016) 

 

2.Yoshihiko Ito, Michishi Kashiwabara, Akira Yoshida, Eriko Hikiyama, Satomi Onoue, Shizuo Yamada: Muscarinic receptor binding in rat bladder urothelium and detrusor muscle by intravesical solifenacin
Biol Pharm Bull, 39: 1167-1171(2016)

 

3.Shiori Kuraoka, Yoshihito Ito, Hirokazu Wakuda, Kazumasa Shinozuka, Satomi Onoue, Shizuo Yamada:  Characterization of muscarinic receptor binding by the novel radioligand, [3H]imidafenacin, in the bladder and other tissues of rats
J Pharmacol Sci., 124: 1-6(2016)

 

[学会・シンポジウム]

1.Shizuo Yamada: Plant extracts alleviate lower urinary tract symptoms (LUTS)
The 6th International Conference Natural Products for Health and Beauty (Khon Kaen, Thailand), Abst. P32, January 21-23, 2016

 

2.Yoshihiko Ito, Satomi Onoue, Shizuo Yamada: Effects of SPE-contained fatty acids on bladder muscarinic receptors and voiding function in rats
The 6th International Conference Natural Products for Health and Beauty (Khon Kaen, Thailand), Abst. P248, January 21-23, 2016

 

3.Shizuo Yamada, Yoshihiko Ito: Characterization of bladder selectivity based on in vivo drug-receptor binding of antimuscarinic agents for treatment of overactive bladder
The 13th Asia Pacific Federation of Pharmacologists (APFP) Meeting “New Paradigms in Pharmacology for Global Health” (Bangkok, Thailand), February 1-3, 2016

 

4.山田静雄:機能性食品の補完医療的効用~前立腺がんと排尿障害を中心に(ランチョンセミナー)
がんと生殖に関するシンポジウム2016(東京),要旨集 p14,2016年2月7日

 

5.山田静雄、伊藤由彦、影山慎二:機能性食品の補完医療的効用
第21回東海排尿障害研究会(名古屋),要旨集 p3,2016年2月11日

 

6.山田静雄,伊藤由彦、影山慎二:排尿トラブルを改善する機能性食品の開発
アカデミックフォーラム メディカル ジャパン2016 VIP講演(大阪),配布資料,2016年2月24日

 

7.影山慎二、速水慎介、大村政治、山田静雄、須澤美智子: PSA監視療法中のPSA上昇に対して、柑橘抽出液成分が低下をもたらした1例
第104回日本泌尿器科学会総会(仙台)、講演要旨集、p.70, 2016年4月23日

 

8.速水慎介、向山佳宏、森 洋一、竹村光太郎、大畑茂樹、影山慎二、山田静雄、阿僧佳郎: 急性尿閉は病態の複雑性を暗示する
第104回日本泌尿器科学会総会(仙台)、講演要旨集、p.56, 2016年4月23日

 

9.西島さおり、菅谷公男、安次富勝博、嘉手川豪心、上田智之、山本秀幸、伊藤由彦、山田静雄、照屋俊明、照屋勇人、禹 済泰:脳梗塞モデルラットと骨盤うっ血モデルラットの膀胱機能に対するノビレチンの効果
第104回日本泌尿器科学会総会(仙台)、講演要旨集、p.56, 2016年4月23日

 

10.伊藤 由彦、尾上 誠良、禹 済泰、照屋 勇人、照屋 敏明、山田 静雄:シークヮーサーエキスの排尿機能に対する作用
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2016(仙台),プログラム・講演要旨集 p65,2016年8月24日

 

11.Kadekawa K, Sugaya K, Nishijima S, Yamagama H, Hizue M, Ito Y, Yamada S:Effects of combination treatment with fesoterodine and mirabegron on urinary bladder functions of pelvic congestion model in rats.
Internactionl continence society Annual meeting 2016, Tokyo, Japan, 2016, September 13-16

 

12.Ito Y, Matsui M, Hikiyama E, Yoshikawa E, Woo JT, Teruya Y, Teruya T, Yamada S:Effects of nobiletin, a flavone from shekwasha (citrus depressa), on muscarinic receptors and voiding function in rats.
Internactionl continence society Annual meeting 2016, Tokyo, Japan, 2016, September 13-16

 

13.Yamada S, Ito Y, Yamagami H, Hizue M, Kadekawa K, Nishijima S, Sugaya K:Relaxant effects of combination treatment with fesoterodine and mirabegron: an in-vitro study using detrusor strips from the stroke model and pelvic congestion model in rats.
Internactionl continence society Annual meeting 2016, Tokyo, Japan, 2016, September 13-16

 

14.山田静雄:飲食物の機能性と薬との相互作用
平成28年度内外環境応答・代謝酵素研究会(静岡)特別講演,要旨集 p1,2016年9月17日

 

15.伊藤 由彦、尾上 誠良、禹 済泰、照屋 勇人、照屋 敏明、山田 静雄:ノビレチン高含有シークヮーサーエキスの排尿機能改善作用
第135回日本薬理学会関東部会 (浜松),抄録集 p26, 2016年10月8日

 

16.山田静雄:サプリメントの補完医療的応用―排尿トラブルを中心に
第38回日本臨床栄養学会総会・第37回日本臨床栄養協会総会
第14回第連合大会(大阪)サプリメントフォーラム,要旨集 p174,2016年10月9日

 

17.菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、安次富勝博、上田智之、山本秀幸、檜杖昌則、山上英臣、伊藤由彦:骨盤うっ血頻尿モデルラットにおけるフェソテロジンとミラべグロンの併用効果
第23回日本排尿機能学会 (東京),要旨集 p.238, 2016年 12月 6-8日

 

18.菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、安次富勝博、上田智之、山本秀幸、檜杖昌則、山上英臣、伊藤由彦、山田静雄:骨盤うっ血頻尿モデルラットにおけるフェソテロジンとミラべグロンの併用効果
第23回日本排尿機能学会 (東京),要旨集 p.238, 2016年 12月 6-8日

 

19. 伊藤由彦、和久田浩一、篠塚和正、西島さおり、菅谷公男、山上英臣、檜杖昌則、山田静雄:実験的頻尿モデルラットに対する5-hydroxytolterodineおよびミラべグロンの併用効果
第23回日本排尿機能学会 (東京),要旨集 p.280, 2016年12月6-8日

 

20.速水慎介、桶勝政博、向山佳宏、森 洋一、大畑茂樹、影山慎二、山田静雄、本間之夫:Anticholinergic Burden (ACB) scaleは薬剤性排尿障害を反映するか?
第23回日本排尿機能学会 (東京),要旨集 p.286, 2016年12月6-8日

 

21.大塚篤史、鈴木孝尚、松本力哉、古瀬 洋、三宅秀明、伊藤由彦、山田静雄、大園誠一郎:イソサミジンのヒト摘出膀胱・前立腺に対する収縮抑制作用に関する検討
第23回日本排尿機能学会 (東京),要旨集 p.293, 2016年12月6-8日

 

22.安次富勝博、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、上田智之、山本秀幸、伊藤由彦、山田静雄、照屋俊明、照屋勇人、禹 済泰:閉塞膀胱ラットと骨盤うっ血ラットの膀胱機能に対するノビレチン・タンゲレチン複合物の効果
第23回日本排尿機能学会 (東京),要旨集 p.293, 2016年12月6-8日

 

23.和久田浩一、宮内詩野、籠田智美、篠塚和正、伊藤由彦、村田清志、山口喜久二、山田静雄:ローヤルゼリーはムスカリン性受容体刺激によるラット膀胱収縮作用を示す
第23回日本排尿機能学会 (東京),要旨集 p.294, 2016年12月6-8日

 

24.禹 済泰、菅谷公男、照屋俊明、伊藤由彦、山田静雄:シークヮーサー由来ノビレチンの高含量抽出法確立と排尿障害改善効果
日本機能性医用学会(東京),要旨集 (4) p 200,2016年12月10-11日

 

[その他の刊行物]

1.山田靜雄: 学会好事 第8回排尿障害モデル動物研究会
Urology Today Vol 23 (No 2), p.38-39 (2016)

 

2.山田静雄: 薬食国際カンファレンス(Inernational Conference on Pharma and Food: ICPF)の開催
静薬100周年記念誌:1-2(2016)

 

2015年

[原著論文]

1.Hirokazu Wakuda, Shino Miyauchi, Kana Maruyama, Satomi Kagota, Kazuki Nakamura, Keizo Umegaki, Shizuo Yamada, Kazumasa Shinozuka: Differential effects of mitogen-activated protein kinase pathway inhibitors on P-glycoprotein activation.
ADMET & DMPK, 3: 77-83 (2015)

 

[総説] 

1.Pablo P. Werba, Shingen Misaka, Monica G. Giroli, Shizuo Yamada, Vi viana Cavalca, Keisuke Kawabe, Isabella Squellerio, Federica Laguzzi, Satomi Onoue, Fabrizio Veglia, Veronika Myasoedova, Kazuhiko Takeuchi, Eisuke Adachi, Naoki Inui, Elena Tremori, Hiroshi Watanabe: Overview of green tea interaction with cardiovascular drugs. 
Current Phamraceutical Design, 21: 1213-1219 (2015)

 

2.山田靜雄: 生体内での薬物-受容体結合を基盤とした薬物動態と薬効の統合的解析
YAKUGAKU ZASSHI 135: 137-150 (2015)

3.山田静雄: 受容体タンパク結合実験
呼吸(講座 研究手法入門:薬理生理), 34:286-292(2015)

 

4.山田静雄、伊藤由彦、尾上誠良:高齢者における薬物の体内動態・薬効の変化と飲食物・栄養素との相互作用
New Diet Therapy ニューダイエットセラピー日本臨床栄養協会誌(日本臨床栄養協会編集)31:35-46(2015)

 

[著書]

1.山田静雄: 機能性食品を中心とした薬学の発展
ファルマシア51:87(2015)

 

2.山田静雄: 機能性素材と薬物との相互作用
ソフトドリンク技術資料 177: 395-409(2015)

 

3.山田静雄: 「食と健康の科学」の正しい進展に向けてーこれからの食品機能研究のあり方についての考察
食と健康を科学する 創刊号 (クロレラ健康栄養研究会編集)提言 p 69-84(2015)

 

[プロシーデイング]

1.山田静雄: 薬物動態からみた過活動膀胱治療薬の有効性と安全性
第64回日本泌尿器科学会中部総会記録集 p. 1-3(2015)

 

[学会・シンポジウム]

1.Yoshihiko Ito, Satomi Onoue, Shizuo Yamada: Effects of saw palmetto extract on urodynamic parameters, bladder pharmacological receptors and urinary cytokines in rats with cyclophosphamide-induced cystitis
Pharma-nutrition 2015 (Philadelphia, USA), April 13-15

 

2.Shizuo Yamada, Yoshihiko Ito: Extract of Peucedanum Japonicum, an umbelliferae plant, alleviates hypertensive bladder response in rats and patients with overactive bladder
Pharma-nutrition 2015 (Philadelphia, USA), April 13-15

 

3.山田静雄、伊藤由彦:Fesoterodineの活性代謝物の膀胱ムスカリン性受容体結合動態
第103回日本泌尿器科学会総会(金沢),要旨集OP-399, 2015年4月18-21日

 

4.伊藤由彦、尾上誠良、山田静雄:過活動膀胱(OAB)に用いる抗コリン薬の膀胱選択性
医療薬学フォーラム2015(名古屋),要旨集 p236, 2015年7月4-5日

 

5.西島さおり、菅谷公男、安次富勝博、嘉手川豪心、上田智之、山本秀幸、伊藤由彦、山田静雄、照屋俊明、照屋勇人、禹 済泰:骨盤うっ血頻尿モデルラットに対するノビレチンの効果
第22回日本排尿機能学会(札幌),要旨集 p162, 2015年9月9-11日

 

6.松井幹奈、伊藤由彦、引山恵梨子、尾上誠良、禹 済泰、照屋勇人、照屋俊明、西島さおり、菅谷公男、山田静雄:シークワーサーの排尿機能および薬理学的受容体に対する作用
第22回日本排尿機能学会(札幌),要旨集 p165, 2015年9月9-11日

 

7.伊藤由彦、引山恵梨子、川村周平、周東 智、尾上誠良、山田静雄:細胞膜親和性の高いアンカー修飾トルテロジンの受容体結合特性
第22回日本排尿機能学会(札幌),要旨集 p166, 2015年9月9-11日

 

8.影山慎二、別府正典、伊藤由彦、大野木 宏、山田静雄:過活動膀胱症状を有する男女に対するボタンボウフウエキスの臨床効果
第22回日本排尿機能学会(札幌),要旨集 p193, 2015年9月9-11日

 

9.速水慎介、竹村光太郎、向山佳宏、森 洋一、山田静雄、阿僧佳郎:プレガバリン(リリカ)関与と思われる排尿障害をきたした1例
第22回日本排尿機能学会(札幌),要旨集 p194, 2015年9月9-11日

 

10.和久田浩一、丸山加菜、籠田智美、中村一基、伊藤由彦、照屋勇人、照屋俊明、禹 済泰、山田静雄、篠塚和正:ラット摘出膀胱におけるノビレチンおよびタンゲレチンの影響
第22回日本排尿機能学会(札幌),要旨集 p217, 2015年9月9-11日

 

11.山田静雄:機能性食品の補完医療における効用-排尿障害を中心に
第80回日本泌尿器科学会東部総会(東京)特別講演,要旨集 p112, 2015年9月27日

 

12.Yoshihiko Ito, Eriko Hikiyama, Mikina Matsui, Satomi Onoue, Shizuo Yamada: Nobiletin, a flavone from shekwasha (Citrrus depressa), alleviates acetic acid-induced hypertensive bladder response in rats
45th Annual Meeing of the International Continence Society (ICS) (Montreal, Canada),
Abst. No. 653, 6-9 October, 2015

 

13.別府正典、影山慎二、伊藤由彦、山田静雄、大野木宏: 下部尿路症状を有する男性患者に対するボタンボフウエキスとノコギリヤシエキスの配合食品の臨床効果
第65回日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)抄録集、p.173、2015年10月25日

 

14.山田静雄: 食育からみたMen’s Health. 
第15回日本Men’s Health医学会 シンポジウム(埼玉県)、講演要旨集、p. 38-44、2015年9月4-5日

 

15.Yoshihiko Ito, Mikina Matsui, Eriko Hikiyama, Satomi Onoue, Shizuo Yamada: Extract of Peucedanum japonicum, an umbelliferae plant, alleviates acetic acid-induced hypertensive bladder response in rats
The 6th International Conference on Food Factors (Seoul, Korea), November 22-25

 

16.山田静雄、伊藤由彦、引山恵梨子、松井幹奈、尾上誠良: 機能性食品の下部尿路症状に対する補完医療的効用. 
第8回排尿障害モデル動物研究会(静岡市)、講演要旨集、p 40、2015年12月4日

 

[その他の刊行物]

1.山田靜雄: 第2回薬食国際カンファレンス
薬学研究の進歩 研究成果報告集(公益財団法人 薬学研究奨励財団 31, p.128-129 (2015)

 

2.山田靜雄: 学会好事 第7回排尿障害モデル動物研究会
Urology Today Vol 22 (No 1), p.48-49 (2015)

 

2015年

[原著論文]

1.Sweety Nasrin, Eiji Masuda, Haruna Kugaya, Ayaka Osano, Yoshihito Ito and and Shizuo Yamada:  Effect of saw palmetto extract on urodynamic parameters, bladder muscarinic and purinergic receptors and urinary cytokines in rats with cyclophosphamide-induced cystitis
LUTS (Lower Urinary Tract Symptoms), 6: 57-63(2014)

 

2.Akira Yoshida, Shiori Kuraoka, Yoshihito Ito, Takashi Okura, Yoshiharu Deguchi, Atsushi Otsuka, Seiichiro Ozona, Masayuki Takeda, Keisuke Masuyama, Isao Araki and Shizuo Yamada:  Muscarinic receptor binding of the novel radioligand, [3H]imidafenacin in the human bladder and parotid gland
J Pharmacol Sci., 124: 40-46(2014)

 

3.Ayaka Osano, Yoshinari Yokoyama, Hideki Hayashi, Kunihiko Ito, Takashi Okura, Yoshiharu Deguchi, Yoshihiko Ito and Shizuo Yamada: Bladder endothelin-1 receptor binding of bosentan and ambrisentan
J Pharmacol Sci., 124: 86-91(2014)

 

4.Yoshinari Yokoyama, Ayaka Osano, Hideki Hayashi, Kunihiko Ito, Takashi Okura, Yoshiharu Deguchi, Yoshihiko Ito and Shizuo Yamada: Endothelin-1 receptors in rat tissues: Characterization by bosentan, ambrisentan and CI-1020
Biol Pharm Bull., 37: 461-465 (2014)

 

5.Shingen Misaka, Junichi Yatabe, Fabian Müller, Kozue Takano, Keisuke Kawabe, Hartmut Glaeser, Midori Yatabe, Satomi Onoue, Jose P Werba, Hiroshi Watanabe, Shizuo Yamada, Martin F Fromm and Junko Kimura. Green tea ingestion greatly reduces plasma concentrations of nadolol in healthy subjects.
Clin Pharmacol Ther., 95: 432-438 (2014)

 

6.Hirokazu Wakuda, Shinya Uchida, Masahiko Ikeda, Masaki Tabuchi, Yasumitsu Akahoshi, Kazumasa Shinozuka, Shizuo Yamada: Is hyperuricemia a risk factor for arteriosclerosis?  Uric acid and arteriosclerosis in apolipoprotein E-deficient mice.
Biol Pharm Bull, 37: 1866-1871 (2014)

 

7.Yoshihisa Kato, Koichi Haraguchi, Mao Onishi, Shinichi Ikushiro, Tetsuya Endo, Chiho Ohta, Nobuyuki Koga, Shizuo Yamada, and Masakuni Degawa. 3,3',4,4'-Tetrachlorobiphenyl-mediated decrease of serum thyroxine level in mice occurs mainly through enhanced accumulation of thyroxine in the liver.
Biol Pharm Bull., 37: 504-509 (2014) 

 

8.Tomoko Hatano, Yuka Sameshima, Mami Kawabata, Shizuo Yamada, Kazumasa Shinozuka, Toshikatsu Nakabayashi, Hideya Mizuno. St. John’s wort promotes adipocyte differentiation and modulates NF-B activation in 3T3-L1 cells.
Biol Pharm Bull., 37: 1132-1138 (2014) 

 

9.Kosuke Shimizu, Tomohiro Asakawa, Norihiro Harada, Dai Fukumoto, Hideo Tsukada, Tomohiro Asai, Shizuo Yamada, Toshiyuki Kan and Naoto Oku: Use of positron emission tomography for real-time imaging of biodistribution of green tea catechin
PLOS ONE, 9: e85520. doi:10.1371 (2014)

 

10.Nodoka Yasuda, Takayuki Ishii, Dai Oyama, Yurika Agato, Tatsuya Furuka, Akihiko Sato, Kosuke Shimizu, Tomohiro Asai, Tomohiro Asakawa, Toshiyuki Kan, Shizuo Yamada, Yasushi Ohizumi, Naoto Oku: Neuroprotective effect of nobiletin on cerebral ischemia-reperfusion injury in transient middle cerebaralartery-occluded rats.
Brain Res., 1559: 46-54 (2014)

 

11.Jinno, Norimasa; Tagashira, Mizuka; Tsurui, Kazuyuki; Yamada, Shizuo: Contribution of cytochrome P450 and UDT-glucuronosyltransferase to the metabolism of drugs containing carboxylic acid groups: Risk assessment of acylglucuronides using human hepatocytes".
Xenobiotica., 44: 644-686 (2014)

 

[総説] 

1.山田静雄、伊藤由彦: エビデンスに基づく機能性食品の現況と展望Ⅰ. 機能性食品の安全性・薬物との相互作用
Pharma Medica 8月号特集 18: 24-32 (2014)

 

2.菅 敏幸、浅川倫宏、奥 直人、清水広介、山田静雄、原田典弘、塚田秀夫: カテキンプローブの合成と分子イメージングー緑茶の有効成分カテキンを光らせる
化学 69:38-42 (2014) 

 

 

[著書]

1.Shizuo Yamada, Yuko Taki, Shingen Misaka, Takashi Okura, Yoshiharu Deguchi, Keizo Umegaki, Hiroshi Watanabe, Yasuo Watanabe and Margot Skinner: Pharmacokinetic and pharmacodynamic interaction of functional foods with medicines
Bioactives in Fruit: Health Benefits and Functional Foods, First Edition, (authored/edited By Margot Skinner and Denise Hunter, Wiley-Blackwell, West Sussex, UK) pp. 59-79 (2014)

 

2.Shizuo Yamada, Shingen Misaka, Yoshihiko Ito, Hiroshi Watanabe and Keizo Umegaki: Effects of natural products on pharmacokinetics and pharmacodynamics of drugs
Pharma-Nutrition, AAPS Advances in the Pharmaceutical Sciences Series 12 (edited by Gert Folkerts and Johan Garssen, American Association of Pharmaceutical Scientists 2014)  pp. 189-211 (2014)

 

3.山田静雄、伊藤由彦: 生物薬剤学 4.薬物分布実験法 4.1 タンパク結合 4.1.2 受容体タンパク結合
薬剤学実験法 必携マニュアルーPharmaceutical Scientistのために、日本薬剤学会出版委員会 編集(南江堂)、pp. 112-123 (2014)

4.山田静雄: 臨床オリエンテドー下部尿路の受容体と薬理
神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル、榊原隆次 編集、㈱中外医学社出版、pp. 21-34 (2014)

 

 

[プロシーデイング]

1.山田静雄: 生体内での薬物-受容体結合を基盤とした薬物動態と薬効の統合的解析
Progress in Drug Delivery System XXIII, p 15-20(2014)

2.Shingen Misaka, Junichi Yatabe, Fabian Müller, Kozue Takano, Keisuke Kawabe, Hartmut Glaeser, Midori Yatabe, Satomi Onoue, Jose P Werba, Hiroshi Watanabe, Shizuo Yamada, Martin F Fromm and Junko Kimura. Response to “ the effect of green tea with exceptionally high catechin content on nadolol plasma concentration”
Clin Pharmacol Ther., 95: 589 (2014)

 

[学会・シンポジウム]

1.伊藤由彦,富永彩香,引山恵梨子,北村実穂,影山慎二,塩暢夫,山田静雄:過活動膀胱患者に対するボタンボウフウエキスの効果
日本薬学会 第 134 年会(熊本),要旨集 p.162,2014 年 3 月 28-30 日

 

2.引山恵梨子,伊藤由彦,小島望,鈴木朝日,黒川美保子,山田静雄:ノコギリヤシ果実エキス(SPE)構成脂肪酸の受容体結合活性及び排尿機能改善作用の検討
日本薬学会 第 134 年会(熊本),要旨集 p.162,2014 年 3 月 28-30 日

 

3.伊藤由彦,遠藤壮真,藏岡史織,高橋絢香,山田静雄:[3H]Imidafenacinの組織分布とムスカリン性受容体結合動態
第102回日本泌尿器科学会総会, 2014 年 4 月 24-27 日

 

4.高橋絢香,伊藤由彦,遠藤壮真,藏岡史織,尾上誠良,山田静雄:[3H]Imidafenacinの組織分布とムスカリン性受容体結合動態のin vivo解析
第130回日本薬理学会関東部会,要旨集 p.80, 2014 年 7 月 5 日

5.高橋絢香,伊藤由彦,藏岡史織,柏原道志,尾上誠良,山田静雄:過活動膀胱治療薬の尿中からの膀胱組織移行および受容体結合
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014 (大阪),要旨集 p.58, 2014 年 8 月 30 日

 

6.伊藤由彦,高橋絢香,遠藤壮真,尾上誠良,山田静雄:イミダフェナシンの膀胱受容体結合に対する尿管結紮の影響
第21回日本排尿機能学会 (岡山),要旨集 p.196, 2014 年 9 月 17-20 日

 

7.高橋絢香,伊藤由彦,柏原道志,渕端勇祐,尾上誠良,山田静雄:ソリフェナシンのラット膀胱上皮および排尿筋におけるムスカリン性受容体結合動態
第21回日本排尿機能学会 (岡山),要旨集 p.198, 2014 年 9 月 17-20 日

 

8.引山恵梨子,伊藤由彦,小島望,鈴木朝日,黒川美保子,尾上誠良,山田静雄:ノコギリヤシ果実エキス(SPE)構成脂肪酸の排尿機能改善作用の検討
第21回日本排尿機能学会 (岡山),要旨集 p.198, 2014 年 9 月 17-20 日

 

9.引山恵梨子,伊藤由彦,小島望,鈴木朝日,黒川美保子,尾上誠良,山田静雄:ノコギリヤシ果実エキス(SPE)のラット排尿機能改善作用の検討
第64回日本泌尿器科学会中部総会 (浜松),要旨集 p.160, 2014 年 10 月 17-19 日

 

10.影山慎二,塩暢夫,伊藤由彦,山田静雄,大野木宏:過活動膀胱患者に対するボタンボウフウの臨床効果
第64回日本泌尿器科学会中部総会 (浜松),要旨集 p.86, 2014 年 10 月 17-19 日

 

11.Yoshihiko Ito, Ayaka Takahashi, Shiori Kuraoka, Soma Endo, Shizuo Yamada:Direct evidence for significant contribution of imidafenacin excreted in the urine to the bladder-selective pharmacological effects

 

12.Shizuo Yamada, Nasrin Sweety, Yoshihiko Ito:Beneficial effects of Gosha-jinki-gan and green tea extract in rats with chemical cystitis
Internactionl continence society Annual meeting 2014, Rio de Janeiro, Brazil, 2014, October 20-24

 

13.Shizuo Yamada, Ayaka Osano, Yoshinari Yokoyama, Yoshihiko Ito:Bladder endothelin-1 receptor bindinf of bosentan and ambrisentan
Internactionl continence society Annual meeting 2014, Rio de Janeiro, Brazil, 2014, October 20-24

 

14.Yoshihiko Ito, Eriko Hikiyama, Miho Kitamura, Shizuo Yamada:Extract of Peucedanum Japonicum, an umbelliferae plant, alleviated acetic acid-induced hypertensive bladder response possibly through the NO pathway in rats.
Internactionl continence society Annual meeting 2014, Rio de Janeiro, Brazil, 2014, October 20-24

 

15.Shizuo Yamada, Akira Yoshida, Yoshihiko Ito:Characterization of muscarinic receptor binding of fesoterodine after oral administration in rats
Internactionl continence society Annual meeting 2014, Rio de Janeiro, Brazil, 2014, October 20-24

 

16.伊藤由彦,尾上誠良,山田静雄:排尿障害を改善する機能性食品
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会 2014 (静岡),
要旨集 p.38,2014 年 11 月 9 日

 

17.伊藤由彦,尾上誠良,山田静雄:排尿障害に有効な機能性食品と薬食併用効果
第35回日本臨床薬理学会学術総会 (松山),抄録集 p.S141,2014 年 12 月 4-6 日

 

18.引山恵梨子,伊藤由彦,久賀谷晴奈,尾上誠良,山田静雄:植物由来エキスのラット排尿機能に対する作用
第7回排尿障害モデル動物研究会 (静岡),抄録集 p.12,2014 年 12 月 5 日

 

[その他の刊行物]

1.山田靜雄: 学会好事 第20回日本排尿機能学会
Urology Today Vol 21 (No 1), p.46-47 (2014)

 

2.山田靜雄: 学会好事 第6回排尿障害モデル動物研究会
Urology Today Vol 21 (No 2), p.54-55 (2014)

 

3.山田静雄: 第20回日本排尿機能学会
日本泌尿器科学会雑誌, 105(泌尿器科学会会報): 17(2014)

 

4.山田静雄: 静岡県立大学「薬食研究推進センター」―医薬品と機能性食品の“橋渡し研究”推進
産学官連携ジャーナル vol 10, p.13-14 (2014)

 

静岡県立大学大学院 薬食生命科学総合学府 薬学研究院 薬食研究推進センター
〒422-8526 静岡市駿河区谷田52-1 / 電話:054-264-5625 / FAX:054-264-5626