静岡県立大学 特任教授 大学院薬学研究院・薬食研究推進センター長 山田静雄

 

センター設置の背景と目的

近年、国民の4人に1人が65歳以上の高齢者が占める我が国において、医療費を含む社会保障費が高騰しており、セルフメディケーションの普及に伴い、健康増進や疾病の予防・治療を目的として健康食品・サプリメント・漢方薬などを用いた補完代替医療や統合医療への関心が高まっている。欧米では、補完代替医療としてハーブ類などの植物製剤を医療の現場に積極的に活用するようになり、医療における「先祖返り」的傾向が見られる。西洋医学の祖、ヒポクラテスは「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」(” Let food be thy medicine, and medicine be thy food”)という格言を残しているが、実際には「薬」と「栄養・食品」に関する学問分野は独立して発展してきた。しかし、今や両分野の和合による病気の予防や治療、健康回復・増進に資する、薬学と栄養学・食品機能学の相互理解に関する研究の必要性が高まってきている。現在使用されている薬の60~70%は、食用植物、果実、野菜、ハーブ類、微生物や発酵物などに由来している。”Best sold and registered drug”として100年の歴史を誇るアスピリンの発見は紀元前にヤナギの枝や樹皮エキスを飲物としたこと(「食」から「薬」)に始まり、世界的な健康飲料の緑茶は炎症や創傷などの治療の伝統的な医薬としたこと(「薬」から「食」)がその起源である。

さまざまな生体機能が低下している高齢者における多因性関連疾患(生活習慣病など)では、複数の標的部位や経路を考慮したアプローチが重要であり、これには複数の物質による併用療法が必要となる。新研究領域として、「薬」と「栄養・食品」のシナジー(相乗)効果の研究など機能性食品を中心とした健康科学の発展が期待される。

静岡県立大学は、5学部・5研究科及び短期大学部を有する総合大学である。「開かれた大学」、「県民の誇りとなる価値ある大学」を目指し、教養・専門教育、基礎・応用研究を推進し、さらに産学民官連携による地域貢献や国際交流を積極的に進めている。国内で唯一、薬学と食品栄養科学の両分野の研究機能を併せ持つことから、この特色を生かして薬食同源、食薬融合を共通認識とした融合的研究を進め、「健康長寿科学」の確立を目指している。平成24年4月には薬学研究科と生活健康科学研究科の教育部門を統合した「薬食生命科学総合学府」を開設した。

本学では、平成14年度から採択された文部科学省の21世紀COE及びグローバルCOE(「健康長寿科学教育研究の戦略的新展開」:平成19-23年度)の両プログラムにより、医薬品や機能性食品・素材に関する多くの基礎研究成果を挙げてきた。現在も健康長寿学術研究推進拠点として薬食研究を積極的に進めている。特に、有効性が確実で、かつ副作用や有害事象を低減するための医薬品の適正な使用法や、安全かつ有効な機能性食品の開発に繋げるための橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ)など、臨床研究への取組を強化することが重要であることから、平成25年11月1日、大学院薬学研究院の附属施設として「薬食研究推進センター」を開設した。本センターでは、健康科学の発展及び健康長寿社会の実現に寄与することを目的とし、事業化を指向した医薬品及び機能性食品・素材に関する学術的な基礎研究の推進及び臨床研究への支援とともに、薬食に関する情報提供並びに専門職及び研究者の養成に関する支援を行う。

 

特色】

COEプログラムの採択により得られた医薬品や機能性食品・素材に関する多くの基礎研究成果や実験技術を基盤として、それらの事業化を推進するための実践的研究及び臨床研究を推進する。具体的には、病院における臨床研究(治験)は、本県では主にファルマバレーセンター(PVC)を拠点として実施されているが、本センターは、臨床研究には縁遠かった診療所(クリニック)を中心として連携し、医薬品の適正使用のための市販後研究や、機能性食品の開発に繋げるためのトランスレーショナルリサーチを推進する。

臨床研究に携わる医師は、静岡県内だけでなく全国から公募して、不足しがちな地域の医療体制の補充にも一役買って、薬食に関する信頼性の高い情報提供を行いたいと考えている。本センターは、医薬品と機能性食品・素材に関する基礎と臨床に関する双方向的な学術研究を行うセンターとしては国内では初めてのケースである。静岡県は男女の平均健康寿命が全国一位で、県民の健康意識が高く、地域に根差した公立大学による臨床研究に対しボランティアが集まりやすいのも特色である。また、臨床研究を推進するために不可欠な臨床研究コーディネーター(CRC)など、医薬品と食品に造詣が深く実践能力が高いと考えられる本学の医療系学生(薬学、食品栄養科学部、看護学部等)や卒業生を中心に、より高いレベルの医療専門職や研究者の養成を支援する。

医薬品と食品を融合した新領域研究によるライフサイエンスにおけるイノベーション実現の新たな機関として、製薬企業のみならず、多くの食品・飲料企業や行政からも注目されている。

 

【主な事業内容】 

1) 基礎研究の推進: 医薬品と機能性食品の開発やそれらの適正使用を支援するための解析等を行う。

2) 臨床研究の支援: 医療機関と連携し、①医薬品の有効かつ副作用を低減した使用法、②安全かつ有効な機能性食品の開発、③薬食併用によるシナジー効果や安全な使用法などに関わるトランスレーショナルリサーチを支援する。

3) 情報提供: 地域の医療専門職(医師、薬剤師、看護師、管理栄養士等)や一般消費者に対し、薬食に関する信頼性の高い情報(効果、有害作用、相互作用等)提供を行う。また市民講演会や学術学会の開催を支援する。

4) 人材養成: センターでの実地研修により、CRCなどの薬食に精通した実践能力のある医療専門職や研究者の養成を支援する。

静岡県立大学大学院 薬食生命科学総合学府 薬学研究院 薬食研究推進センター
〒422-8526 静岡市駿河区谷田52-1 / 電話:054-264-5625 / FAX:054-264-5626