Font Size

Cpanel

学部長挨拶

 

人類の未来に貢献する大学 

 

薬学部長

賀川 義之

 

 kagawa大学の使命は高等教育機関として次世代の社会を担う人材の育成であり、同時に人類の英知を結集して研究を行うことにあります。静岡県立大学薬学部は1916年創立の静岡女子薬学校を祖とし、1953年開学の県立静岡薬科大学以来の長い伝統を背景に、社会をリードする薬学研究者・技術者とともに、医療現場で活躍する薬剤師を輩出してきました。薬学部の強さのひとつに、卒業後の進路の多様性があります。本学の卒業生は医薬品関連企業の研究職・開発職・医薬情報担当職、国や地方自治体における薬事行政職、病院や薬局の薬剤師、大学教員等として幅広く活躍しています。  我が国は超高齢社会を迎えて疾病の様相が変わりつつあり、認知症や生活習慣病への早急な対応が迫られています。一方、世界に目を向けるとエイズやエボラ出血熱など感染症の克服が喫緊の課題です。このような薬学を取り巻く国内外の環境の中、本学では学生に、①大局的な視野に立って地域や国際社会のニーズを感知できる教養教育、②国際化に対応できる語学教育、③基礎学力・倫理感・コミュニケーション能力を醸成する専門基礎教育、④薬剤師および薬科学士としての薬の専門家を養成する薬学専門教育を教授しています。また、どのような進路を選んだとしても将来の飛躍に不可欠な課題解決能力を培うための卒業研究に力点をおいています。我々は、“くすり”というキーワードで互いに結ばれながら、地域社会からグローバルな国際社会まで幅広く人類に貢献できる人材の育成という大きな使命感を持って、教育研究活動に邁進しています。

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102