Font Size

Cpanel

graduatesch

薬学研究院の特色

 

最先端の研究の担い手を目指して

平成24年度より、大学院の教育・研究組織である「研究科」を、教員の所属する研究組織としての「研究院」と、大学院生の教育組織としての「学府」とに分離しました。薬学研究院は、薬食生命科学総合学府のうち、薬学専攻、薬科学専攻、薬食生命科学専攻の3専攻に所属する大学院生の教育・研究を主に担当しています。薬学研究院では、生体機能の解明と薬物作用・薬物療法の生化学的基盤の構築、天然物中の薬効成分の単離、構造解析およびこれらに基づく新規化合物の合成、ゲノミクス、プロテオミクスを基盤とする病態解析と創薬、分子標的製剤や病巣部のみに働く薬物送達システムの創成、適正な薬物療法のための薬物動態解析や個人にあった薬物療法(テーラーメード医療)に関わる研究などを精力的に行っています。また、平成16年度から創薬探索センターを開設し、本研究院発の新薬シーズ開発にも力を入れています。さらに、平成24年度に新たに設置された薬食生命科学専攻では、従来の薬学研究に加えて、薬食融合研究を志す学生に門戸を開いています。「薬」と「食」の両方に精通した国際的に通用する科学者・技術者の養成を進めています。

 

  1.  伝統と実績、そして国際的な人材育成

静岡県立大学大学院・薬学研究科(現:薬学研究院)は静岡薬科大学(昭和28年開学)以来の伝統を背景に、創薬科学や生命科学の分野で社会をリードする研究者・技術者を育成してきました。現在までに1,300名を超える薬学修士、薬学博士が医薬品関連企業、官公庁で医薬品開発研究者や衛生・社会薬学の専門家として幅広く活躍しており、また病院や薬局の薬剤師として医療を担ってきました。平成14年度に採択された21世紀COEプログラムを発展させ、平成19年度に文部科学省グローバルCOEプログラムに、生活健康科学研究科(現:食品栄養環境科学研究院)との合同で採択されるなど全国的にも高い評価を得ています。薬と食の両方を基盤とし、国際的に活躍できる優秀な人材の育成に努めています。一例として、博士後期課程の修了者は、米国のNational Institutes of Health(NIH)やミシガン大学、コロラド大学で博士取得後、研究員として研鑽を積んでおり、公的機関や国内外の企業に就職した場合も、勤務地がロンドン、シンガポール、バンコクなど国際的に活動する人材が増えてきました。 

 

 2.  薬の創製と適正使用に貢献

高齢化社会を迎え、メタボリック病症候群などの慢性疾患、がんやアルツハイマー病など克服するべき多くの課題があり、薬学への期待が高まっています。時代の要請に応えつつ有効性に優れ、人体にとって安全な薬の創製と適正使用に向けた方法論の開発、環境因子等の解明を通した予防医学への展開などを通して社会に貢献すると共に、高い資質と倫理観を有し問題発見・解決型能力を有する国際的に通用する薬のエキスパートの育成を目指しています。6年制の薬学部卒業生を対象に、指導的薬剤師に求められる研究マインドを磨く場として、2012年4月に博士課程「薬学専攻」及び博士後期課程「薬科学専攻」を設置しました。

 

 3.  人類の健康に寄与する最先端の研究

静岡県立大学は静岡市のほぼ中間にある丘陵地帯(フーズサイエンスヒルズ)に位置しており、キャンパスの木々とレンガ造りの建物の彼方には富士山や南アルプスを眺望することが出来ます。また、県内製薬企業の生産高が全国2位を占める立地条件を背景に、県東部に位置するファルマバレーの一角として研究を進めています。県内諸機関、企業、海外の高等教育機関との大学院連携も積極的に行っています。また、実践的な臨床薬学を推進するために、複数の講座が静岡県立総合病院内に研究室を開設し、臨床薬学研究の在り方として全国的に注目されています。薬学研究に夢と情熱を持った方々を歓迎します。

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102