Font Size

Cpanel

event

大学院特別講義

演題:天然物を基盤とした新規抗菌剤の創出研究

演者:山口 繭美 博士名古屋大学大学院創薬科学研究科 特任助教

日時:平成30年7月13日(金)16:20〜17:50

場所:静岡県立大学 薬学部棟 6128教室

世話人教室:医薬品製造化学講座

対象:大学院生、学部生、教職員(学外者の参加も歓迎します。)

天然物は、その多種多様な構造と生物活性から新規医薬品開発のリードとして有用である。しかし、天然物そのものが医薬品として利用可能なものは極めて少なく、天然物から新薬を開発するためには、天然物の物理化学的性質や生物活性を向上させるための分子構造変換が求められる。私たちは、新たな医薬品の開発を目指し、天然物が持つ優れた生物活性を保持したまま天然物の分子構造を変換することで、新たな医薬品候補分子の創出を試みている。本講演では、リポヌクレオシド系抗生物質をリードとした創薬研究について紹介する。

専門分野に関わらず多数のご来場をお待ちしております。

「医薬品製造化学特論」の履修者は必ず受講してください

講演要旨(PDFファイル)

 

問い合わせ先:静岡県立大学薬学部 医薬品製造化学教室 菅 敏幸,大内仁志
Tel (054) 264-5746; Fax (054) 264-5745
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (菅)
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (大内)

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102