Font Size

Cpanel

橋本 博 (生命物理化学分野教授、専門:構造生物学、生物物理学)

たんぱく質の美しい「かたち」に魅せられて

 私たちの生命活動を担っている主役はたんぱく質です。たんぱく質は適切な「かたち」をとることで、正しく働くことができる精巧な分子装置です。つまり、たんぱく質の「かたち」と「働き」には密接な関係があり、「かたち」の異常が病気の原因になる例はたくさん知られています。たんぱく質の「かたち」から「働く仕組み」を理解するのが構造生物学です。たんぱく質は分子量数千から数百万の巨大分子で、それぞれ異なる「かたち」をとっています。その「かたち」と「働く仕組み」を世界の誰よりも先に解き明かすのが構造生物学の醍醐味であり、多くの研究者を虜にしています。
 たんぱく質の美しい「かたち」と精巧な「働く仕組み」の謎を解き明かす感動を学生とともに味わいつつ、病気の原因となる「かたち」を知ることで、くすりをデザインする手がかりを得たいと思っています。

教員データベース

生命物理化学分野HP

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102