Font Size

Cpanel

吉成浩一 (衛生分子毒性学分野教授)

化学物質を安全に利用するために

 医薬品や工業化学物質、農薬、健康食品・サプリメントなど、ヒトは化学物質に囲まれて生活しており、有益な作用をもった化学物質の開発と利用は、現代において人類が健康で豊かな生活を営むために欠くことはできません。したがって、化学物質の生体影響を理解し、それらの安全性を確保することがますます重要になっています。

 生体内、特に肝臓には、化学物質を無毒化する酵素(異物代謝酵素)が存在しており、私は化学物質の曝露に伴うこれら酵素の機能や量の変動メカニズムについての研究を行ってきました。さらに最近は、細胞内の化学物質センサーとして働く核内受容体と呼ばれる一連のタンパク質の機能に関する研究を進め、化学物質の毒性を評価・予測する手法の開発に取り組んでいます。これらの研究により、医薬品など有益な化学物質をより安全に利用できるようにしたいと考えています。また、薬学部では化学物質について様々なことを学びますので、薬学部卒業生が化学物質のエキスパートとなれるよう、研究・教育を進めていきたいと考えています。

 

教員データベース

衛生分子毒性学分野HP

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102