Font Size

Cpanel

event

 第271回 月例薬学セミナー (平成30年度第5回)

日時:平成30年9月10日(月)午後4時~5時半
場所:静岡県立大学 小講堂
対象:大学院生、学部生、教職員、学外者の参加も歓迎いたします
演題:免疫システムの動態を解析する免疫学の新たな潮流
演者:石井 優 先生
   (大阪大学大学院医学系研究科 免疫細胞生物学 教授)
 

 概要生命システムでは「動き」が重要である。多種多様な細胞の動態は時空間的に精緻にコントロールされている。細胞の動きを見るためには、「生きた細胞」を、「生きた組織」「生きた個体」の中で観察する必要がある。本演者は深部組織の観察に適した多光子励起顕微鏡を駆使して、生きた細胞の生きたままの動きのある世界を捉えることを可能にしてきた。本講演では、演者がこれまで行ってきた骨髄や免疫組織の生体イメージング研究を中心に紹介し、見ることによって初めて分かった様々な免疫細胞の巧妙な動きとその制御機構について解説する。

【参考文献】
1. Furuya M, et al., Direct cell-cell contact between mature osteoblasts and osteoclasts dynamically controls their functions in vivo. Nat Commun., 9(1): 300, 2018.
2.  Maeda H, et al., Real-time intravital imaging of pH variation associated with cell osteoclast activity and motility using designed small molecular probe. Nat Chem Biol., 12(8):579-85, 2016.
3.  Nishikawa K, et al., Dnmt3a regulates osteoclast differentiation by coupling to an S-adenosyl methionine-producing metabolic pathway. Nat Med., 21(3):281-7, 2015.

 
月例薬学セミナー委員会
問い合わせ先・連絡先:
静岡県立大学薬学部免疫微生物学分野 
今井 康之 
TEL: 054-264-5716, FAX: 054-264-5715
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102