Font Size

Cpanel

yakugakubu

薬学部の特色

静岡県立大学薬学部では、化学、物理、生物を基盤とした知識と知恵(応用展開能力)を持ち、生命科学を基盤とする高度の「薬学的思考力」と「倫理観」を備えた創造性豊かな人材の育成に努めています。ここでは、本学部の特色について紹介します。hall

 1. 100年以上の歴史と伝統 
本学部は2016年に、静岡女子薬学校創立から数えて100周年を迎えました。かけがえのない命と健康を守るため、創薬や薬の理解に必要な専門的な教育研究を行います。他の学部と比較して、化学系、物理系、生物系、医療系等の幅広い専門知識の習得や実習が多いことが特徴です。アドバイザー制度など、教員との交流を通じた学生の支援体制も充実しています。

 2. 4年制薬科学科と6年制薬学科による指導的人材の育成 
4年制薬科学科では、薬学関連分野における高度な専門性、機能性を有し、国際的に評価される薬学研究者の養成を、また、6年制薬学科では、医療チームの一員となり得る高度な専門知識を持った薬剤師および医薬融合型研究者の養成を目標としています。

 3. 4年制薬科学科...最先端の研究の担い手として 
4年制薬科学科では、4年生に進級すると全員がいずれかの研究室に所属し、卒業研究を行います。教員の指導の下で、研究に関連した論文を読み、最新の研究機器を駆使した実験に取り組みます。得られた結果は卒業論文としてまとめられ、その成果発表会が行われます。薬科学科の卒業生は、2年間の大学院博士前期(修士)課程に進学することで、製薬企業や国公立試験研究機関、薬系大学において研究・開発に携わるために必要とされる専門的な知識や技能を身に付けることができます。さらに3年間の大学院博士後期(博士)課程に進学することで、研究者としての実力を磨くことができ、国際的に通用する科学者として各分野での活躍が期待されますjikken

 4. 6年制薬学科...医療現場に実務実習拠点を設置 
6年制薬学科では、薬剤師国家試験受験資格が得られます。薬学共通科目とともに、教養教育、医療薬学教育および実務実習が行われます。病院実務実習は、静岡県立総合病院内の「薬学教育・研究センター」にて専任教員9名の指導の下、病院指導薬剤師の協力を得て実施されます。本学部の病院実務実習体制は画期的で、他校の注目を浴びています。また、4年生に進級するときに全員がいずれかの研究室に所属し、卒業研究を3年間行います。これにより、研究能力を持つ薬剤師として将来の活躍が期待されます。

 5. 国際学術交流 
1991年の中国浙江省医学科学院薬物研究所との学術文化交流協定の締結以来、活発な学術交流が行われています。また、米国アリゾナ大学(薬学部)、豪州グリフィス大学、タイ王国コンケン大学との大学間協定も締結され、教員や学生の相互交流が行なわれています。さらに、薬学部はチュラロンコーン大学薬学部、マヒドン大学熱帯医学部及び薬学部との部局間交流協定を締結しています。これらの大学と学術及び教員・研究者・学生の交流や共同研究・シンポジウムが盛んに行われています。

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102