Font Size

Cpanel

event

 

2013/10/25 第11回薬学講座が開催されました

 

平成251025日(金)に静岡県立大学大講堂において、薬学部および大学院薬学研究院の全学生を対象に第11回薬学講座が開催されました。米国ロサンゼルス在住のノンフィクション作家、飯沼信子先生に「薬学のパイオニアたち」のテーマでご講演いただきました。

飯沼信子先生の静岡での講演は、平成2332831日に静岡で開催される予定でした日本薬学会 第131年会においても予定されていました。しかし、東日本大震災のため学会開催が中止となったことから、先生の静岡での講演は約27ヶ月を経て実現したことになります。

明治から昭和にかけて、海外で活躍された近代医学・薬学の発展に関係の深い人物、日本薬学会初代会頭の長井長義、三共製薬の創始者の高峰譲吉、ロックフェラー医学研究所で高い評価を受けた野口英世らの詳しい人物像や歴史、さらに彼らの外国人の妻の人物像について、ご自身の取材で集められた写真や資料を使って丁寧に解説していただきました。また、飯沼信子先生が取材された、明治から昭和にかけて海外で活躍した長野県出身の国際的彫塑家、川村吾蔵の特集映像も上映されました。

 

20131025-01          

                     木苗直秀学長と飯沼信子先生

20131025-02

                             飯沼信子先生

20131025-03

          100年ほど前の貴重な資料を用いて講演していただきました。

20131025-04

                        質問する会場の学生

20131025-05

                講演会場の様子

 

 

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102