Font Size

Cpanel

research

日本薬学会第138年会 (金沢) にて本学学生が学生優秀発表賞を受賞

2018年3月25~28日、石川県金沢市にて開催された日本薬学会第138年会 (金沢) にて、本学薬学部の学部生が学生優秀発表賞を受賞しました。

この賞は当大会での学生による一般学術発表の中から審査され、優秀な発表者に贈られるものです。

 

受賞者は以下の6名です (学年順、学年は現時点のもの)。

【口頭発表の部】

大谷 渚紗 さん (生化学分野、薬学科6年)

発表演題「新型インフルエンザウイルスのNAの酸性安定性の解析」

片桐 百恵 さん (医薬生命化学分野、薬学科5年生)

 発表演題「HDAC阻害剤と併用効果を示す既存薬の探索とがん治療への応用」

福井 芹菜 さん (生体機能分子分析学分野、博士前期課程1年生)

発表演題「3種同位体標識誘導化試薬を用いたキラルメタボロミクスによる飲料分析への応用」

山根 千佳 さん (薬物動態学分野、博士前期課程1年生)

発表演題「IKV-741の溶液安定性改善を指向した注射剤およびその体内動態解析」

 

【ポスター発表の部】

植田 萌美 さん (臨床薬効解析学分野、薬学科6年生)

 発表演題「喘息・COPDオーバーラップの病態解析におけるmicro-RNAの有用性

NURMILA Sari さん (分子病態学分野、博士後期課程3年生)

 発表演題「The effect of Alpha-mangostine and Zerumbone on cardiomyocyte hypertrophy and fibrotic phenotype in vitro

 

 138Pharm Nenkai Award4 resized138Pharm Nenkai Award5 resized138Pharm Nenkai Award6 resized

写真 学生優秀発表賞を受賞した皆さん

左:山根 千佳 さん、中央:植田 萌美 さん、右:NURMILA Sari さん

 

関連リンク

薬学部のホームページへ

薬学部生化学分野のホームページへ

 薬学部生体機能分子分析学分野のホームページへ

薬学部医薬生命化学分野のホームページへ

薬学部薬物動態学分野のホームページへ

薬学部臨床薬効解析学分野のホームページへ

薬学部分子病態学分野のホームページへ

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102