Font Size

Cpanel

research

本学府大学院生が日本核酸医薬学会第4回年会で

優秀発表者賞を受賞

 

7月9日(月)〜11日(水)にかけて、九州大学医学部百年講堂(福岡県福岡市)にて日本核酸医薬学会第4回年会が開催されました。日本核酸医薬学会は、核酸医薬に対する研究・教育を推進するとともに、産官学が一体となり我が国の核酸医薬の創出に寄与することを目的として2015年に設立された学会です。4回目を迎えた本年会の一般演題発表における審査の結果、大学院薬食生命科学総合学府 薬食生命科学専攻 博士前期課程1年の佐伯椋子さんが優秀発表者賞(川原賞)を受賞しました。

受賞者
佐伯椋子(大学院薬食生命科学総合学府 薬食生命科学専攻 博士前期課程1年 医薬生命化学講座)

 演題名
「実験計画法を用いたcharge-reversible脂質ナノ粒子調製法の構築」
本発表は、医薬生命化学講座(浅井知浩教授)と日本精化株式会社の共同研究に基づくものです。

 

関連リンク

日本核酸医薬学会第4回年会ウェブサイト

静岡県立大学大学院 薬学研究院 医薬生命化学講座

日本精化株式会社

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102