Font Size

Cpanel

research

本学教員が有機合成化学協会アステラス製薬•生命有機化学賞を受賞

本学薬学部医薬品製造化学分野の菅敏幸教授(学長補佐兼全学広報委員長)が有機合成化学協会2012年度アステラス製薬•生命有機化学賞を受賞されました。

 本賞は、新規性と独創的応用性に富んだ単位反応や合成法開発を通じて、天然物や生理活性物質、医薬品 合成に関連し技術、産業に寄与する独創的かつ優れた研究業績を挙げた、40 才以上 55 才までの研究者個人に授与されます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




写真は左から、アステラス製薬•生命有機化学賞:菅敏幸(静岡県立大学薬学部教授)、第一三共•創薬有機化学賞:石原一彰(名古屋大学大学院工学研究科教授)、DIC•機能材料賞:忍久保洋(名古屋大学大学院工学研究科教授)、日産化学•有機合成新反応/手法賞:佐治木宏尚(岐阜薬科大学教授)。本年の企業冠賞は東海支部が独占しました。東海の有機合成化学のレベルの高さにより実現した快挙です。

 
 
有機合成化学協会HP
 
静岡赴任を機に始めた茶のカテキン、ミカンのフラボン、キノコのアミノ酸などが高く評価されました。
表彰式は、2月19日(火)の12時40分より、東京都千代田区の叙水会館スターホールにて行われました。

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102