Font Size

Cpanel

research

本学大学院生・学部生9名が第61回薬学会東海支部大会 学生優秀発表賞を受賞

平成27年7月4日に名古屋で開催された『第61回日本薬学会東海支部大会』において、本学大学院生・学部生9名が優秀発表者賞を受賞しました。この賞は、第61回日本薬学会東海支部大会での発表の中から審査され、優秀な演題に贈られるものです。

受賞者と演題は下記の通りです。

○新宅彩也加(医薬品製造化学, 博士課程前期1年)
「カイノイド蛍光プローブの合成研究」

○井出貴文(医薬品創製化学, 博士課程後期1年)
「フェノール類のベンジル位C-Hトリフルオロメチル化反応の開発」

○田中寛康(薬化学, 博士課程前期2年)
「Pd触媒を用いる環状スルホンアミドおよびスルフィンアミド類の一段階合成法の開発」

○長尾芳大(医薬品創製化学, 博士課程後期2年)
「BINAPモノオキシド触媒を用いたアリルアミドの不斉ブロモ環化反応」

 ○紅林佑希(生化学, 博士課程後期3年)
「薬剤耐性判定に利用可能なインフルエンザウイルス蛍光検出法の確立」


○森岡亜望(薬理学, 学部6年)
「膵β細胞におけるADMAを介したNO産生調節機構と糖尿病病態への関与」

○鈴木秀敏(分子病態学, 博士課程後期4年)
「RACK1によるp300/GATA4経路を介した心肥大反応抑制機構の解析」

○浜尾俊(薬物動態学, 学部6年)
「Flash nanoprecipitation 技術による Cyclosprine A の経口吸収性向上」

○船本雅文(分子病態学, 博士課程前期2年)
「高吸収クルクミンはCOPD患者の動脈硬化に関連する炎症を抑え、肺機能を改善した 」

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102