Font Size

Cpanel

research

本学大学院生・学部生が日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016にてベストプレゼン賞を受けました。

2016年10月30日、岐阜県岐阜市にて開催された日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016にて、薬学部薬学科6年(分子病態学分野)の天野七菜さん、薬食生命科学総合学府 薬科学専攻博士前期課程2年(分子病態学講座)の若林弘樹さんがベストプレゼン賞を受賞しました。この賞は、当大会での発表の中から審査され、優秀な発表者に贈られるものです。


・天野七菜(分子病態学分野、6年)
発表演題「WDR5 による p300/GATA4 誘導性心肥大反応の抑制機構の検討」

 

・若林弘樹(分子病態学講座、博士前期課程2年)
発表演題「心臓特異的 PRMT5 過剰発現マウスは加齢に伴い心機能が低下した」


発表内容は下記の方たちとの共同研究の成果をまとめたものとなります。

本学分子病態学分野の森本達也教授、刀坂泰史講師、砂川陽一研究員、鈴木秀敏、
京都医療センターの和田啓道研究室長、長谷川浩二研究部長


薬学部分子病態学分野のホームページへ(別ウィンドで開きます)

 PB142493

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102