Font Size

Cpanel

research

「光るカテキン」の合成に成功

静岡県立大学薬学部の菅敏幸教授らは、独自に開発した合成方法を駆使して、体内での動態解明に役立つ光るカテキンの合成に成功しました。この光る分子を利用して、カテキンが生きた細胞のどこで働くかが、目に見えてわかるようになりました。
本研究は、静岡県立大学グローバルCOEと静岡県・静岡市地域結集研究開発プログラムの援助により行われ、県立大学薬学部の鈴木隆教授、奥直人教授、伊藤邦彦教授らのグループとの共同の研究成果です。県立大学のチームワークの良さが、この強力なスクラムを可能にしています。また、このような研究を推進できるのが本学の魅力でもあります。

図

 

この成果は、2010年12月に発行される英国王立化学会の速報誌(Chemical Communications:<http://pubs.rsc.org/en/Journals/JournalIssues/CC>)に掲載されます。(DOI: 10.1039/c0cc03676e)

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102