Font Size

Cpanel

yakugakubu

静岡県立大学薬学部年表

 

1916年(大正5年)    岩﨑照吉により静岡女子薬学校 開学

1945年(昭和20年)   静岡女子薬学専門学校 開学

1950年(昭和25年)   静岡薬学専門学校に名称変更

1952年(昭和27年)   静岡県立薬学専門学校 開学

1953年(昭和28年)   静岡県立大学静岡薬科大学 開学

1962年(昭和37年)  大学院薬学研究科修士(博士前期)課程 設置

1964年(昭和39年)   大学院薬学研究科博士(博士後期)課程 設置

1980年(昭和55年)   漢方薬研究施設 設立

1987年(昭和62年)   静岡県立大学の開学に伴い静岡県立大学・薬学部および大学院薬学研究科に組織換え

1989年(平成元年)   草薙キャンパスに移転

2002年(平成14年)   大学院薬学研究科に医療薬学専攻 設置

2004年(平成16年)   大学院薬学研究科に創薬探索センター 開設

2006年(平成18年)   薬学部 薬学科 (6 年制) および薬科学科 (4 年制) に組織換え

2007年(平成19年)   設置者が静岡県から静岡県公立大学法人へ移管(大学法人化)

2008年(平成20年)   薬学教育・研究センター (静岡県立総合病院内) 開設

2012年(平成24年)   薬食生命科学総合学府 薬学研究院に組織換え

                     薬学専攻 (博士課程),薬科学専攻 (博士前期・後期課程) および

                     薬食生命科学専攻 (博士後期課程) 設置 (3 専攻)

2013年(平成25年)   大学院薬学研究院に薬食研究推進センター 開設

2016年(平成28年)   静薬創立100周年記念事業 施行

 

学部長挨拶

 

人類の未来に貢献する大学 

 

薬学部長

賀川 義之

 

 kagawa大学の使命は高等教育機関として次世代の社会を担う人材の育成であり、同時に人類の英知を結集して研究を行うことにあります。静岡県立大学薬学部は1916年創立の静岡女子薬学校を祖とし、1953年開学の県立静岡薬科大学以来の長い伝統を背景に、社会をリードする薬学研究者・技術者とともに、医療現場で活躍する薬剤師を輩出してきました。薬学部の強さのひとつに、卒業後の進路の多様性があります。本学の卒業生は医薬品関連企業の研究職・開発職・医薬情報担当職、国や地方自治体における薬事行政職、病院や薬局の薬剤師、大学教員等として幅広く活躍しています。  我が国は超高齢社会を迎えて疾病の様相が変わりつつあり、認知症や生活習慣病への早急な対応が迫られています。一方、世界に目を向けるとエイズやエボラ出血熱など感染症の克服が喫緊の課題です。このような薬学を取り巻く国内外の環境の中、本学では学生に、①大局的な視野に立って地域や国際社会のニーズを感知できる教養教育、②国際化に対応できる語学教育、③基礎学力・倫理感・コミュニケーション能力を醸成する専門基礎教育、④薬剤師および薬科学士としての薬の専門家を養成する薬学専門教育を教授しています。また、どのような進路を選んだとしても将来の飛躍に不可欠な課題解決能力を培うための卒業研究に力点をおいています。我々は、“くすり”というキーワードで互いに結ばれながら、地域社会からグローバルな国際社会まで幅広く人類に貢献できる人材の育成という大きな使命感を持って、教育研究活動に邁進しています。

アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(admission policy)とは入学者に求める能力や適性についての基本方針です。ここでは、薬学部のアドミッションポリシーを説明します。

 

静岡県立大学薬学部は、「医療を通じて人類の健康に貢献する総合科学としての薬学教育を通して社会に貢献する人材を育成する」という理念のもとに、医療の担い手として貢献する倫理観を備えた薬剤師の養成、および創薬科学、生命薬学をになう想像力豊かな研究者や高度専門職業人の育成を目指して高等教育を推進しています。本薬学部には「医薬品の創製・生産・管理、環境・保健衛生・福祉および医療従事者としての薬剤師の職能などに係わる知識」を修得できる環境が整っています。大学人としての教養を身につけ、世界に通用する語学力を養うととともに、化学、物理、生物を基盤とした薬学的基礎知識とその応用展開能力を醸成し、医薬品の開発現場や医療現場で活躍できる人材の育成に努めています。こうした指導的立場で、薬学人として社会に貢献したいという人材を求めます。

 

 

 

取得できる資格・卒業後の進路

 取得できる資格

(1)薬剤師

2006年度から薬剤師国家試験受験資格は、原則、6年制薬学科の卒業生に与えられることになりました。6年制の薬学科では薬剤師国家試験受験資格が取得できます。4年制である薬科学科卒業者については、2017年度までの入学者に限って、薬学部大学院修士課程を修了後、臨床実務実習を行ない、6年制である薬学科卒業者と同等以上の能力を持つと厚生労働大臣が個別に認めた場合に、薬剤師国家試験を受験することができます。

(2)臨床検査技師

指定された科目を履修することにより、4年制薬科学科の卒業生でも臨床検査技師国家試験受験資格が得られます。

 

卒業後の進路

 (1)4年制薬科学科を卒業した場合

薬科学科を卒業すると、薬学の知識を生かして製薬企業などの技術や営業職、あるいは公務員に就くことができます。大学院薬食生命科学総合学府薬科学専攻の博士前期(修士)課程(2年間)、あるいはさらに博士後期課程(3年間)に進学し、薬学の研究を極め、大学の教育研究職や企業・研究機関などの研究職を目指すことができます。なお、2017年度までの入学者に限って、修士課程を修了後、博士後期課程に進学し、長期実務実習を履修すれば薬学科卒業者と同等以上の能力を持つと厚生労働大臣が認めた場合、薬剤師国家試験を受験することができます。

(2)6年制薬学科を卒業した場合

薬学科を卒業すると、薬剤師の資格を生かして病院や薬局で薬剤師になる、あるいは医療従事や薬事行政の職に就くことができます。また、大学院薬食生命科学総合学府博士課程の薬学専攻(4年間)に進学し、薬学の研究を極めることができます。博士後期課程を修了すれば、薬学部教育研究職、製薬企業や研究機関などの研究職の道が開けます。

薬学部の特色

静岡県立大学薬学部では、化学、物理、生物を基盤とした知識と知恵(応用展開能力)を持ち、生命科学を基盤とする高度の「薬学的思考力」と「倫理観」を備えた創造性豊かな人材の育成に努めています。ここでは、本学部の特色について紹介します。hall

 1. 100年以上の歴史と伝統 
本学部は2016年に、静岡女子薬学校創立から数えて100周年を迎えました。かけがえのない命と健康を守るため、創薬や薬の理解に必要な専門的な教育研究を行います。他の学部と比較して、化学系、物理系、生物系、医療系等の幅広い専門知識の習得や実習が多いことが特徴です。アドバイザー制度など、教員との交流を通じた学生の支援体制も充実しています。

 2. 4年制薬科学科と6年制薬学科による指導的人材の育成 
4年制薬科学科では、薬学関連分野における高度な専門性、機能性を有し、国際的に評価される薬学研究者の養成を、また、6年制薬学科では、医療チームの一員となり得る高度な専門知識を持った薬剤師および医薬融合型研究者の養成を目標としています。

 3. 4年制薬科学科...最先端の研究の担い手として 
4年制薬科学科では、4年生に進級すると全員がいずれかの研究室に所属し、卒業研究を行います。教員の指導の下で、研究に関連した論文を読み、最新の研究機器を駆使した実験に取り組みます。得られた結果は卒業論文としてまとめられ、その成果発表会が行われます。薬科学科の卒業生は、2年間の大学院博士前期(修士)課程に進学することで、製薬企業や国公立試験研究機関、薬系大学において研究・開発に携わるために必要とされる専門的な知識や技能を身に付けることができます。さらに3年間の大学院博士後期(博士)課程に進学することで、研究者としての実力を磨くことができ、国際的に通用する科学者として各分野での活躍が期待されますjikken

 4. 6年制薬学科...医療現場に実務実習拠点を設置 
6年制薬学科では、薬剤師国家試験受験資格が得られます。薬学共通科目とともに、教養教育、医療薬学教育および実務実習が行われます。病院実務実習は、静岡県立総合病院内の「薬学教育・研究センター」にて専任教員9名の指導の下、病院指導薬剤師の協力を得て実施されます。本学部の病院実務実習体制は画期的で、他校の注目を浴びています。また、4年生に進級するときに全員がいずれかの研究室に所属し、卒業研究を3年間行います。これにより、研究能力を持つ薬剤師として将来の活躍が期待されます。

 5. 国際学術交流 
1991年の中国浙江省医学科学院薬物研究所との学術文化交流協定の締結以来、活発な学術交流が行われています。また、米国アリゾナ大学(薬学部)、豪州グリフィス大学、タイ王国コンケン大学との大学間協定も締結され、教員や学生の相互交流が行なわれています。さらに、薬学部はチュラロンコーン大学薬学部、マヒドン大学熱帯医学部及び薬学部との部局間交流協定を締結しています。これらの大学と学術及び教員・研究者・学生の交流や共同研究・シンポジウムが盛んに行われています。

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102