Font Size

Cpanel

坂本多穂 (生体情報分子解析学分野 准教授

病は筋から

 皆さんは体力の衰えとともに体調に異変をきたしたり、逆に激しい運動のあとに風邪をひきやすくなったりした経験はありませんか?体を動かす筋肉=骨格筋はただ収縮するだけの組織ではありません。骨格筋は全身の3-4割を占める巨大組織で、多くの血流が流れ込み、栄養素の代謝を盛んに行っています。さらに近年、骨格筋から免疫系に影響する物質が放出されていることも明らかにされました。これらの骨格筋機能は、運動、食生活、そして加齢で変化し、生活習慣病や感染症の発症と関係します。しかし、その制御メカニズムは多くの謎に包まれています。
 私は骨格筋が代謝と免疫の結節点である点に着目し、その制御メカニズムを明らかにしたいと考えています。謎が明らかになれば、そこをターゲットとした薬物開発への突破口となるからです。柔軟な思考力をもつ学生さん達とともに、骨格筋創薬を目指してこの謎に挑み、健康長寿のあしがかりを築くことが、私の目標です。

教員データベース

生体情報分子解析学分野HP

 

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102