Font Size

Cpanel

event

 第278回 月例薬学セミナー (令和元年度第4回)

日時:令和元年10月11日(金)15:30~17:00
場所:静岡県立大学薬学部 6329教室
対象:大学院生、学部生、教職員、学外の者の参加も歓迎いたします
演題:Flow cytometryを活用して歩んだ病態・創薬研究
演者:八木 秀樹 先生
   国際医療福祉大学 薬学部 生体防御学分野 教授
 

 講演概要:

 免疫学や腫瘍学のみならず今日の生物学研究にflow cytometryは欠かせない。Flow cytometryは1個1個の細胞からデータを取れることが最大の特徴である。この技術を有効に活用することで進めてきた我々の病態研究・創薬研究の一端を紹介する。I型糖尿病や関節リウマチといった自己免疫疾患の病態解析や多発性硬化症の特効薬であるフィンゴリモドという免疫抑制剤の開発研究、癌幹細胞の検出や抗癌抗体医薬品シーズの開発、更には複数回膜貫通受容体に対するモノクローナル抗体作製技術を絡めた現在までの研究にflow cytometryがどのように関与してきたかについて紹介する。
 

*本セミナーは、薬科学特論および薬学セミナーの対象となりますので、受講者は出席カードを持参してください。
月例薬学セミナー委員会
問い合わせ先・連絡先 (世話教室):
静岡県立大学薬学部臨床薬効解析学分野 伊藤 邦彦 
TEL/FAX:054-264-5673    
Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102