Font Size

Cpanel

event

第285回月例薬学セミナー(令和2年度 第3回)

日時:2020年9月30日(水)13:00〜14:30
形式:Zoomによるリアルタイム配信(参加URLは別途送付)
対象:大学院生、学部生、教職員 (学外の方の参加も歓迎いたします)
演題:AID によるがんの進化
演者:木下 和生 先生
(静岡県立総合病院 遺伝子診療科/リサーチサポートセンター

 

【講演概要】がんは段階的に蓄積する複数の変異によって、自律増殖・血管新生・免疫回避・浸潤・転移・薬剤耐性といった性質を獲得する、進化する細胞集団である。変異の原因として、紫外線・放射線・化学物質など外的要因、および、DNA複製エラー・活性酸素など内的要因がある。近年のがんゲノム解析は新たな内的要因として、シトシン脱アミノ化酵素の関与を示唆している。本講義ではシトシン脱アミノ化酵素である activation-induced cytidine deaminase (AID) が抗体遺伝子の多様化(クラススイッチと体細胞突然変異)に加え、発がんにも関与する可能性を議論する。また、そもそも何故ヒトはがんを発症するのか、受講者と自由に意見を交わしてみたい。

 

PDFはこちら
*分子病態学特論、先端医療薬学特論の受講者は出席して下さい。
問い合わせ先:
静岡県立大学薬学部 分子病態学分野

森本達也
Tel:054-264-5763
    このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102