Font Size

Cpanel

第13回日中健康科学シンポジウムを開催しました

 2018年11月15日 (木)に、第13回日中健康科学シンポジウムが日本平ホテルにおいて開催されました。また16日(金) には、ポスターセッションおよび学術セッションが、静岡健康・長寿学術フォーラムとの共催でグランシップにおいて開催されました。同シンポジウムは、1993年から静岡県立大学と中国浙江省医学科学院との合同で隔年で開催されており、今年で第13回目を迎えました。詳細は以下の「日中健康科学シンポジウムの歩み」をご覧ください。
 
 
181115 Japan-China Symposium2
 
181115 symposium
 15日 シンポジウム
 
181115
15日 日本平ホテルにて
 
1811152
15日 昼食後
 
181115 ギフト交換
15日 閉会式
  
181116 symposium
16日 学術セッション
 
181117 symposium
16日 学術セッション
 
 181116
16日 懇親会前の集合写真
 

関連ページへのリンク (別タブで開きます):

第13回日中健康科学シンポジウム

静岡健康・長寿学術フォーラム

  

日中健康科学シンポジウムの歩み:

 1988~1991年に中国浙江省医学科学院薬物研究所と静岡県立大学薬学部間において「蜂花粉の抗老衰と老人病治療」に関する共同研究が実施され、1991年に「文化科学技術交流に関する合意書」が締結された。翌1992年に矢内原昇大学院薬学研究科長らが薬物研究所を訪問し、中国浙江省医学科学院薬物研究所と薬学部間において共同研究の合意書並びに友好交流協定が締結された。その翌年の1993年12月14日~16日に相互の友好親善と学術交流促進のために薬学部の主催、(財)静岡県科学技術振興財団の後援で「第1回日中医薬学カンファレンス」が本学で開催された。このカンファレンスには医学科学院薬物研究所を中心に11名の研究員が来学され、日中の研究者が26演題を口頭発表した。また1995年11月12日~17日には医学科学院にて「第2回日中医薬学カンファレンス」が開催され、薬学部からは東野武郎薬学部長を含めた5名が参加し、15演題の口頭発表が行われた。さらに1997年には「静岡県立大学と浙江省医学科学院との文化科学学術交流に関する協定書」が大学間交流協定として新たに締結された。これにより、「日中健康科学シンポジウム」と改名された。また。2014年には、第11回日中健康科学シンポジウムが日本平ホテルにおいて第2回薬食国際カンファレンスと同時開催された。本シンポジウムによる学術交流を通じて、今後も多くの国際的共同研究成果が得られることが期待される。

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102