Font Size

Cpanel

research

本学大学院生が生体機能と創薬シンポジウム2019でポスター優秀発表賞を受賞 

 201982930日に北里大学(東京都)で開催された生体機能と創薬シンポジウム2019(日本薬学会薬理系薬学部会)において、大学院薬食生命科学総合学府薬学専攻博士前期課程1年の大岡央さんが、ポスター優秀発表賞を受賞しました。この賞は、一般発表のうち、学部学生および大学院生による発表の中から、特に優秀な発表演題に贈られるものです。ポスターセッションへの応募の中(応募総数49件)から6名が受賞者として選ばれました。

 

・大岡央さん(薬理学講座、博士前期課程1年、薬科学専攻)

 

研究演題名:「肝星細胞に対する細胞性粘菌由来化合物DIF-1の作用解析」

発表者:大岡 央, 古川 翔平, 山口 桃生, 齊藤 真也, 菊地 晴久, 石川 智久

 

写真:大岡央さん

 

関連リンク (別タブで開きます)

 日本薬学会 薬理系薬学部会ホームページへ

 薬学部 薬理学分野のホームページへ

 

静岡県立大学薬学部・薬学研究院

〒422-8526

静岡県静岡市駿河区谷田52-1 

電話 054-264-5102