原著論文 学位取得者
1. 伊藤 嘉章 (2008年)
"陽電子寿命測定及び放射光]線小角散乱による角質層の微細構造解析"
2. 水本 隆雄 (2008年)
"苦味を有する薬物に適用可能な新規口腔内崩壊錠の開発研究"
3. 梅木 伸夫 (2011年)
"新規生分解性高分子を用いた骨形成促進化合物の製剤設計と評価"
4. 三輪 明生 (2011年)
"近赤外線水分計を利用した湿式造粒の適正添加水量に関する研究"
5. 藤木 定弘 (2012年)
"クラリスロマイシンの結晶多形を応用した新規徐放性製剤の設計と評価"
6. 内本 武亮 (2013年)
"高機能化経口固形製剤開発のためのトリグリセリンベヘン酸エステルの新規添加剤としての有用性評価 "
7. 佐野 秀祐 (2013年)
"マイクロウェーブを利用した新規口腔内崩壊錠調製技術の開発 "
8. 高部 浩行 (2014年)
"注射用徐放性微粒子製剤の初期過剰放出を抑制する新規被覆技術の開発 "
9. 山中 雅之 (2014年)
"タクロリムスクリーム製剤の設計に関する基礎的検討 "
10. 宮西 秀雄(2014年)
"インバースガスクロマトグラフィーを用いたニフェジピン固体分散体表面における再結晶化の評価"
11. BARMAN Ranjan Kumar (2015年)
"Preparation and Evaluation of Lipid Nanoparticles for Oral Delivery of Poorly Water Soluble Drugs "
12. 舟越 由香(2015年)
"難溶性物質の溶解性改善を目的とした脂質ナノ粒子製剤の調製とその応用"
13. 神谷 貴行(2015年)
"外部滑沢法によって添加される滑沢剤量を指標とした医薬品生産における打錠工程の最適化"
14. 寺田 貴俊(2016年)
"攪拌造粒機を用いたクロチアニジンの放出制御微粒子製剤に関する研究"
15. 野澤 健児(2016年)
"湿式造粒工程におけるクラリスロマイシンの結晶転移に及ぼす界面活性剤もしくは水溶性高分子の効果"
16. 横田 祥士(2016年)
"タンパク質医薬品中の主薬と添加剤或いは主薬と投与担体との相互作用が製品品質に与える影響"
17. 朝田 麻実子(2016年)
"固体NMRの新規測定手法の開発及び製剤固体物性の定性・定量分析への適用"
18. 伊藤 佳孝(2017年)
"高圧二酸化炭素による水不溶性高分子の相転移を利用した 口腔内崩壊錠の設計"
19. 松ア 直哉(2017年)
"ミラべグロン/コハク酸ソリフェナシン配合錠における 薬物分解メカニズムの解明と製剤設計に関する研究"
20. Md. Ashraf Ali(2017年)
"Physicochemical and Biopharmaceutical Evaluation of Cubosomes Containing Poorly Water-Soluble Drugs"
静岡県立大学薬学部 創剤科学分野
〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1
Tel: 054-264-5614 Fax: 054-264-5615