静岡県立大学臨床薬剤学分野

学会・シンポジウム

2017

*榊原綾海、前田利男、谷澤康玄、山本吉章、小尾智一、賀川義之:
Donepezil薬物動態と遺伝子多型との関連性

日本薬学会第137年会(仙台市)、要旨集、25PB-pm215S, 2017年3月25日

 

*Yoshiyuki Kagawa, Ayami Sakakibara, Tomokazu Obi, Yoshiaki Yamamoto:
Relationship between blood disposition of donepezil and development of BPSD (behavioral and psychological symptom of dementia) in patients with dementia.

12th China-Japan International Symposium on Health Sciences (中国、杭州市)

Abstract, 2017年2月10日

 

*Yoshiyuki Kagawa, Michinari Nakajo, Midori Kimura, Kazuhiro Asada, Tomohiro Shirai: 
Plasma concentration of paclitaxel involving its metabolite and hematological adverse effects in patients with lung cancer

12th China-Japan International Symposium on Health Sciences (中国、杭州市)

Abstract, 2017年2月10、11日

 

*山本吉章、賀川義之:CYP3Aの酵素誘導と抗てんかん薬の薬物動態

中部乳酸菌研究会(甲府市)、2017年11月24日

 

*鈴木利昌、山本吉章、小尾智一、石橋由美子、谷澤康玄、賀川義之: 
認知症患者のQOL改善を目的としたMemantineのPK-PD解析

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会(鈴鹿市)、要旨集、p139、

2017年11月26日

 

*麻野美幸、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之:炭酸カルシウムを用いた透湿性保護軟膏の機能性評価

日本薬剤学会第32年会(大宮)、要旨集、p67、2017年5月11日

 

*宮嵜靖則:透湿性保護軟膏の開発と評価

第6回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p10、2017年12月15日

 

*飯塚美帆、石井康子、江川仁美、長江優吾、加藤純、酒井直樹、竹原誠也、池谷延房、中島重紀、賀川義之:バルプロ酸の体内動態に及ぼす個体間差要因に関する研究

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会(鈴鹿市)、要旨集、p128、

2017年11月26日

 

*内野智信、加藤彩、八田一郎、宮嵜靖則、村田明子、佐々木康太、鈴木誠規、賀川 義之:
薬物封入へキソソームの皮膚浸透メカニズムの検討

日本薬剤学会第32年会(大宮)、要旨集、p175、2017年5月13日

 

 

*伏見友佳、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之:
ビタミン誘導体封入リン脂質ナノ粒子のキャラクタリゼーションと皮膚貯留性評価

日本薬剤学会第32年会(大宮)、要旨集、p152、2017年5月12日

 

*内野智信、宮嵜靖則、谷澤康玄、井上和幸、辻 大樹、平井啓太、山田 浩、伊藤邦彦、賀川義之:静岡県立大学における病院実習に対する学生および指導薬剤師の満足度の評価の比較 -過去7年間のアンケートの累積比較-

第27回日本医療薬学会年会(千葉)、要旨集、p1097、2017年11月4日

 

*内野智信:薬物封入ヘキソソームの物性および経皮吸収性評価

第6回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p23、2017年12月15日

 

 

このページのトップに戻る

2016

*Yoshiaki Yamamoto, Yukitoshi Takahashi, Katsumi Imai, Yoshiyuki Kagawa, Yushi Inoue: Therapeutic monitoring for topiramate in patients with refractory epilepsy

第50回日本てんかん学会学術集会(静岡)、Abstract, 10. 8. 2016

 

*Yoshiaki Yamamoto, Yukitoshi Takahashi, Katsumi Imai, Yoshiyuki Kagawa, Yushi Inoue:Inhibitory effect of stiripentol on pharmacokinetics of clobazam in patients with Dravet syndrome

American Epirepsy Scoiety Annual Meeting (Houston), Abstract, NO. 2. p206, 12. 2. 2016

 

*Yoshiaki Yamamoto, Yukitoshi Takahashi, Kiyohito Terada, Katsumi Imai, Yoshiyuki Kagawa, Yushi Inoue:Use of antiepileptic drugs and risk of dyslipidemia: a large-scale cross-sectional study

11th Asia Oceania Epilepsy Congress (Hongkong), Abstract, 5. 13-16. 2016

 

*森本達也、刀坂泰史、宮嵜靖則、井上和幸、辻大樹、谷澤康玄、砂川陽一、柏倉康治、鈴木美希、黒羽子孝太、野口博司、賀川義之、新井英一、式守晴子、冨安眞理、谷口通英、東野定律、比留間洋一、森野智子、合田敏尚:地域のニーズにマッチした医療人材育成システムの開発

日本薬学会第136年会(横浜)、要旨集4、p212、平成28年3月28日

 

*賀川義之、青木伸、五十里彰、石川さと子、伊藤美千穂、小澤孝一郎、桂敏也、三田智文、 菅原満、杉原多公通、平澤典保、安原智久:大学院博士課程の現状と課題 文部科学省「大学における医療人養成の在り方に関する調査研究 委託事業」

第1回日本薬学教育学会(京都)、要旨集、p51、2016年8月27日

 

*榊原綾海、山本吉章、小尾智一、賀川義之:認知症患者の行動・心理症状の改善を目的としたDonepezilの血漿中濃度とBPSD発現との関連性検討

第26回日本医療薬学会年会(京都)、要旨集、p643、2016年9月19日

 

*石川元章、賀川義之、河井通泰:
外来癌化学療法で利用可能なパクリタキセルの有害事象予測因子の探索

第26回日本医療薬学会年会(京都)、要旨集、p1396、2016年9月20日

 

*山本吉章、賀川義之:
ドラベ症候群の個別化薬物療法確立を目的としたスチリペントールの相互作用・薬効解析

中部乳酸菌研究会(東京)、2016年11月19日

 

*宮嵜靖則:自転公転式混合機の散剤調剤への応用

第5回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p20、平成28年12月12日

 

*寺田桃子、石井康子、賀川義之:UPLC-MS/MS 法による soyasaponin の定量

日本薬学会第136年会(横浜)、要旨集2、p266、平成28年3月28日

 

*加藤彩、内野智信、八田一郎、宮嵜靖則、村田明子、佐々木康太、鈴木誠規、岡俊彦、賀川義之:
フルルビプロフェン封入液晶のキャラクタリゼーションと皮膚透過性評価 

日本薬剤学会第31年会(岐阜)、要旨集、p252、2016年5月19日

 

*佐々木康太、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之:
画像解析法を基盤としたドライパウダーコーティング効率の評価法

日本薬剤学会第31年会(岐阜)、要旨集、p236、2016年5月19日

 

*鈴木誠規、内野智信、八田一郎、宮嵜靖則、加藤彩、佐々木康太、賀川義之:放射光X線回折測定による微小角層試料の構造の評価

日本薬剤学会第31年会(岐阜)、要旨集、p240、2016年5月19日

 

*内野智信、八田一郎、宮嵜靖則、山崎拓人、小内智也、杉浦芙蓉子、賀川義之:          
浸透過程におけるベシクルと角層の相互作用の評価: 放射光X線回折測定によるアプローチ

日本薬剤学会第31年会(岐阜)、要旨集、p179、2016年5月21日

 

*内野智信:薬を適切に使うために、体の中での薬の動きを考えてみよう
創立30周年記念 平成28年度 静岡県立大学公開講座

「健康長寿のために知っておきたい病気と薬の話」(静岡)、要旨集p1-6、2015年9月2日

 

*内野智信、宮嵜靖則、木村緑、中垣繁、中條倫成、中村和代、角入壽彦、賀川義之:
静岡県立総合病院における静岡県立大学薬学部学生の化学療法実習の教育効果の評価−6年間の教育効果の比較―
 

第26回日本医療薬学会年会(京都)、要旨集、p1081、2016年9月19日

 

*内野智信:「放射光X線回折測定を用いた角層浸透過程におけるベシクルと角層の相互作用評価」

第8回経皮投与製剤FGシンポジウム(東京)、講演要旨集、p14、2016年11月24日

 

*内野智信:「シリコーンオイルによって発生するバイオ医薬品凝集体のキャラクタリゼーションおよび免疫原性の評価」

第5回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p27、2016年12月12日

 

このページのトップに戻る

2015

*Yoshiaki Yamamoto, Yukitoshi Takahashi, Katsumi Imai, Yushi Inoue, Yoshiyuki Kagawa:
Therapeutic drug monitoring for lamotrigine in pediatric epilepsy patients
12th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics (EACPT 2015)(Madrid, Spain)、Abstract, 6. 27. 2015

 

*山本 吉章、高橋 幸利、今井 克美、井上 有史、賀川 義之:
バルプロ酸による高アンモニア血症の発生率の年次推移

日本薬学会第135年会(神戸)、要旨集、p86、2015年3月28日

 

*山本吉章、寺田清人、今井克美、高橋幸利、井上有史、賀川義之: 
てんかん患者の脂質代謝異常発症に寄与する抗てんかん薬の検討

第49回日本てんかん学会学術集会(長崎)、要旨集、p621、2015年10月30日

 

*山本吉章、賀川義之: 
てんかん患者を対象とした高アンモニア血症の発症リスクに関する検討

中部乳酸菌研究会(長岡)、2015年11月21日

 

*榊原綾海、山本吉章、賀川義之: 
有害事象解析を志向したドネペジルおよび代謝物の血中濃度同時測定法の開発

日本薬学会第135年会(神戸)、要旨集、p143、2015年3月26日

 

*榊原綾海、山本吉章、谷澤康玄、賀川義之: 
認知症患者の行動・心理症状の改善を目的とした認知症治療薬の薬物動態・薬効解析

静岡県立大学産学連携フォーラム2015(静岡市)、2015年12月17日

 

*宮嵜靖則: デキストランポリイオンコンプレックスからの高分子化合物の放出

第4回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p20、平成27年12月11日

 

*古谷翔太、石井康子、鈴木祐介、木村正幸、加藤有希、野毛一郎、林秀樹、伊藤邦彦、賀川義之: 
日本人閉経後乳がん患者におけるアロマターゼ阻害薬の PK と PD に関する研究

日本薬学会第135年会(神戸)、要旨集4、p195、平成26年3月26日

 

*鈴木祐介、石井康子、古谷翔太、加藤有希、野毛一郎、木村正幸、賀川義之: 
日本人閉経後乳がん患者のアロマターゼ阻害薬による副作用とエストロゲン濃度に関する研究

日本薬学会第135年会(神戸)、要旨集4、p195、平成26年3月26日

 

*内野智信:
バイオ医薬品注射剤調製時に発生する凝集体のキャラクタリゼーション

第15回日本タンパク質科学会年会(徳島)、要旨集、p43、2015年6月25日

 

*山崎拓人、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之: 注射剤中のパニツムマブの凝集化に対するシリンジ内Silicone-oilの寄与

第23回 クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2015(名古屋)

要旨集、p281、2015年7月5日

 

*杉浦芙蓉子、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之: Flurbiprofen (FP) 封入ベシクルの物性および経皮吸収性評価II−FPの分子状態および皮膚透過に及ぼすpHの影響−:
 

第23回 クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2015(名古屋)

要旨集、p280、2015年7月5日

 

*内野智信: 
「ベシクルの角層浸透過程における角層構造調整機構の検討 -放射光X線によるアプローチ- 」

第4回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p22、2014年12月11日

 

*井出和希、賀川義之、石川智久、山田静雄、中野眞汎、南智、望月亜希子、生駒洋子、豊岡利正、
野口博司、山田浩: 
卒前・卒後教育による創薬育薬医療スタッフの養成:10年間の変遷

日本薬学会第135年会(神戸)、要旨集、p143、2015年3月26日

 

*井上和幸、辻大樹、平井啓太、朝倉候子、井上達秀、賀川義之ほか: 
静岡県立大学・病院・地域薬局連携による薬物療法研修会の現況

日本医療薬学会年会(横浜)、要旨集、p379、2015年11月22日

 

 

このページのトップに戻る

2014

*田代将貴、内藤隆文、賀川義之、川上純一:
がん患者におけるプロクロルペラジンの制吐作用および有害作用に及ぼす要因の評価

第24回日本医療薬学会年会(名古屋)、要旨集、p202、2014年9月27日

 

 

*山本吉章, 中井正彦, 高橋昌明,今井克美, 高橋幸利, 賀川義之: 
小児てんかん患者を対象としたラモトリギンの相互作用解析

第24回日本医療薬学会年会(名古屋)、要旨集、p227、2014年9月28日

 

 

*宮脇薫、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之: 自転公転式混練機を用いた粉末コーティング技術の提案

日本薬学会第134年会(熊本)、要旨集4、p140、平成26年3月30日

 

 

*三重野碧、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之:
ポリイオンコンプレックスマトリックスからの高分子化合物の放出

日本薬学会第134年会(熊本)、要旨集4、p141、平成26年3月30日

 

 

*宮嵜靖則、内野智信、賀川義之: ディスポーザブル軟膏容器を用いた抗腫瘍薬散剤の混和

日本薬学会第134年会(熊本)、要旨集4、p147、平成26年3月30日

 

 

*橋本宇矩、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之: 透湿保護軟膏の開発および評価

日本薬学会第134年会(熊本)、要旨集4、p148、平成26年3月30日

 

 

*宮嵜靖則: 自転公転式混練機を用いた乾式粉末コーティング

第3回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p20、平成26年12月12日

 

 

*Tomonobu Uchino, Yuiko Matsumoto, Akiko Murata, Toshihiko Oka, Yasunori Miyazaki, Yoshiyuki Kagawa: Transdermal delivery of flurbiprofen from surfactant-based vesicles: Particle characterization and the effect of water on in vitro transport

5th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress, Melbourne, supplement PD-149, Australia,

13-16 April 2014.

 

 

*村田明子、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之: リオトロピック液晶を用いた経皮吸収製剤の開発

第22回クリニカルファーマシーシンポジウム(東京)、要旨集p205、2014年6月28日

 

 

*内野智信:ステロイドとヘパリン類似物質軟膏の混合製剤の物性およびステロイドの放出性評価
-ステロイド軟膏の後発医薬品の変更と軟膏の混合に関する注意点-

第22回クリニカルファーマシーシンポジウム(東京)、要旨集p164、2014年6月28日

 

 

*内野智信、宮嵜靖則、秋山欣三、浅倉侯子、伊藤邦彦、井上達秀、坂本達一郎、柴山芳之、菅谷純子、 鈴木崇代、中野眞汎、並木徳之、北村修、松山耐至、森本達也、山田静雄、山田浩、賀川義之: 静岡県立大学・病院・地域薬局連携による薬物療法研修会の現況

第24回日本医療薬学第28年会年会(愛知)、要旨集p373、2014年9月28日

 

 

*内野智信、宮嵜靖則、大川寛代、山崎拓人、柳原良次、鈴木洋史、賀川義之:
L-アスパラギナーゼ注射剤調製時に発生する凝集体のキャラクタリゼーション
-注射シリンジ中のシリコーンオイルの影響-:

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2014(静岡)、要旨集p85、2014年11月9日

 

 

*鶴田修、内野智信、伊藤純一、田畑尚子、大石悦子、山木まり、植木弘美、石川達郎、賀川義之:
薬局メディスンにおける注射剤無菌調製業務導入のための静岡県立大学薬学部との連携
−静岡県立大学薬学部教員による教育研修と評価−

第47回東海薬剤師学術大会(静岡)、要旨集p120、2014年11月30日

 

 

*内野智信: バイオ医薬品注射剤調製時に発生する凝集体のキャラクタリゼーション

第3回創剤カンファレンス静岡(静岡)、講演要旨集、p12、2014年12月12日

 

 

このページのトップに戻る

2013

*山本吉章、矢澤嶺、井上和幸、伊藤邦彦、高橋幸利、今井克美、井上有史、賀川義之:
小児てんかん患者の高アンモニア血症の危険因子に関する検討

日本薬学会第133年会(横浜)、要旨集4、p130、2013年3月30日

 

*佐藤聖、賀川義之、前田利男: インスリン抵抗性自然発症マウスにおける脂肪肝発症機構

日本薬学会第133年会(横浜)、要旨集4、p190、2013年3月30日

 

*久保真弓、石月瑞穂、袖野みどり、賀川義之、前田利男:
インスリン抵抗性自然発症マウスの授乳期におけるレプチンサージ

日本薬学会第133年会(横浜)、要旨集4、p190、2013年3月30日

 

 

*今井志織、佐藤聖、井出直仁、賀川義之、前田利男:
インスリン抵抗性自然発症マウスのインスリン抵抗性と脂肪肝の発症における性差

日本薬学会第133年会(横浜)、要旨集4、p190、2013年3月30日

 

 

*山本吉章、宮川紘、高橋幸利、今井克美、小山誠一、賀川義之: 
小児てんかん患者に対するフェニトインの治療継続率とCYP2C9およびCYP2C19遺伝子多型の関連

第23回日本医療薬学会年会(仙台)、要旨集、p223、2013年9月21日

 

*藤谷憲一、加藤安宏、池谷真佑子、落合敏明、篠道弘、賀川義之、川上純一: 
薬剤アレルギー(副作用)カードを用いた過敏症状の解析

第23回日本医療薬学会年会(仙台)、要旨集、p284、2013年9月21日

 

*佐々木 彩乃、内野 智信、浅川 倫宏、菅 敏幸、宮嵜 靖則、賀川 義之:
尋常性?瘡治療を目的としたノビレチン外用剤の開発 ?ノビレチン可溶化手法の検討?

第23回日本医療薬学会年会(仙台)、要旨集、p277、2013年9月21日

 

*石川亜佑美、内野 智信、宮嵜 靖則、賀川 義之:
イオンペア化合物を利用した鎮痛消炎剤の開発-イオンペア化合物の調製と評価- 

第23回日本医療薬学会年会(仙台)、要旨集、p405、2013年9月22日

 

*内野智信、村田明子、宮嵜靖則、賀川義之: Flow diffusion cellの開発と評価

日本薬剤学会第28年会(愛知)、要旨集、p312、2013年5月23日

 

*内野智信、宮嵜靖則、鈴木一衛、賀川義之:
一般用医薬品テープ剤からのジクロフェナク放出性および皮膚透過性に及ぼす加温の影響

医療薬学フォーラム2013第21回クリニカルファーマシーシンポジウム(石川)、要旨集、p202、2013年7月20日

 

*谷澤康玄、宮嵜靖則、石井康子、内野智信、林秀樹、井上和幸、辻大樹、小菅和仁、伊藤邦彦、山田浩、賀川義之、前田利男: 平成24年度静岡県立大学薬学部 病院・薬局実務実習報告会

第17回日本地域薬局薬学会年会(東京)、要旨集、p59、2013年6月30日

 

*三重野碧、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之:
ポリイオンコンプレックスマトリックスからのインスリンの放出と消化管吸収

第59回日本薬学会東海支部(名古屋)、2013年7月6日

 

*宮嵜靖則: 画像解析による散剤混合状態の評価

第2回創剤カンファレンス静岡(静岡)、2013年12月13日

 

*今井志織、井出直仁、賀川義之、前田利男:インスリン抵抗性自然発症マウスにおける腸内細菌叢の変動

第18回静岡健康・長寿学術フォーラム(静岡)、要旨集、p88、2013年9月25日

 

*久保真弓、石月瑞穂、袖野みどり、賀川義之、前田利男: インスリン抵抗性自然発症マウスの乳仔期に  おけるレプチンサージの変動と体重増加およびインスリン抵抗性発症との関連性

第18回静岡健康・長寿学術フォーラム(静岡)、要旨集、p89、2013年9月25日

 

*前田利男、山ア元貴、望月淳、久田貴義:
グァ豆の水溶性繊維のメタボリックシンドローム改善作用と腸管内細菌に及ぼす影響

USフォーラム2013(静岡)、要旨集、p25、2013年9月25日

 

*内野 智信、浅川 倫宏、岡本一男、菅 敏幸、宮嵜 靖則、賀川 義之:
尋常性ざ瘡治療のためのノビレチン外用製剤の開発と評価 ?院内製剤化のための基礎的アプローチ

USフォーラム2013(静岡)、要旨集、p54、2013年9月25日

 

*宮嵜靖則、内野智信、賀川義之:
皮膚角質水分量を調節する軟膏(院内製剤)の評価と新規製剤の開発

USフォーラム2013(静岡)、要旨集、p59、2013年9月25日

 

*賀川義之、伊藤邦彦、山田浩、宮嵜靖則、林秀樹、井上和幸、内野智信、小菅和仁、辻大樹:
がん化学療法への貢献に重点を置いたファーマシューティカル・ケア実習体制の構築

USフォーラム2013(静岡)、要旨集、p152、2013年9月25日

 

*内野智信、賀川義之、宮嵜靖則、橋本悟、小松守:
フルルビプロフェン封入ヘキソソーム製剤の調製と経皮吸収性評価

USフォーラム2013(静岡)、要旨集、p164、2013年9月25日

 

*賀川義之、川上純一、内藤隆文、田代将貴:
がん化学療法時の制吐療法に及ぼす神経伝達物質受容体の遺伝的要因の探索

USフォーラム2013(静岡)、要旨集、p181、2013年9月25日

 

 

このページのトップに戻る

2011〜2012

* 井出直仁、今井志織、佐藤聖、賀川義之、前田利男:
インスリン抵抗性自然発症マウスにおけるインスリン分泌とインスリン抵抗性発現の相関性

日本薬学会第132年会(札幌)、要旨集3、p148、2012年3月30日

 

 

* 石月瑞穂、久保真弓、袖野みどり、賀川義之、前田利男: 
インスリン自然発症マウスにおける妊娠・授乳による血中レプチン濃度の変動

日本薬学会第132年会(札幌)、要旨集3、p148、2012年3月30日

 

 

* 美澤克俊、笹瀬優斗、久保真弓、賀川義之、前田利男: インスリン抵抗性自然発症マウスのメタボリックシンドローム発症と腸内細菌叢に及ぼすグァー豆繊維の改善作用

日本薬学会第132年会(札幌)、要旨集4、p148、2012年3月30日

 

 

* 佐藤聖、今井志織、井出直仁、賀川義之、前田利男: 
インスリン抵抗性自然発症マウスにおける脂肪吸収亢進による脂肪肝の発症

日本薬学会第132年会(札幌)、要旨集3、p149、2012年3月30日

 

 

* 加藤江里菜、鈴木友季子、川田恵美、谷中里依子、池谷真佑子、賀川義之、前田利男、小島紘一、田中 孝: H.pylori除菌治療におけるメトロニダゾールを用いた三剤併用療法の有効性

日本薬学会第132年会(札幌)、要旨集4、p279、2012年3月31日

 

 

* 笹瀬優斗、羽毛田聡美、坪井彩香、賀川義之、前田 利男: 
アデニン誘発腎不全マウスにおけるかゆみ発現に関連する因子の変動

日本薬学会第132年会(札幌)、要旨集3、p178、2012年3月29日

 

 

* 長澤豊、石井康子、加藤有希、木村正幸、野毛一郎、賀川義之: 
日本人乳癌患者におけるアロマターゼ阻害剤による副作用に関する研究

日本薬学会第132年会(札幌)要旨集4、p200、2012年3月30日

 

 

* 小菅和仁、今井康之、秋山欣三、浅倉侯子、伊藤邦彦、井上達秀、賀川義之、坂本達一郎、柴山芳之、菅谷純子、鈴木崇代、中野眞汎、並木徳之、野毛一郎、松山耐至、森本達也、山田静雄、山田浩:
静岡県立大学・病院・地域薬局連携による薬物療法研修会の現況

日本薬学会第132年会(札幌)、要旨集4、p  、2012年3月29日

 

 

* 大川寛代、内野智信、笹倉大督、宮嵜靖則、賀川義之:
フロー式粒子像分析法による乳濁性注射剤の物理化学的配合変化のin situ評価

日本薬剤学会第27年会(神戸)、要旨集、p132、2012年5月24日

 

 

* 山本吉章、宮川紘、高橋幸利、今井克美、松田和己、井上有史、賀川義之:
クロバザムおよびN-デスメチルクロバザムの薬物動態に影響を与える因子の検討

第22回日本医療薬学会年会(新潟)、要旨集、p443、2012年10月28日

 

 

* 鈴木常義、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之:
ステロイド軟膏と保湿剤の混合軟膏の保存後の安定性及び放出性評価

第22回日本医療薬学会年会(新潟)、要旨集、p428、2012年10月28日

 

 

* 松本ゆいこ、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之:
フルルビプロフェン封入ベシクルの調製とそのキャラクタリゼーション

第22回日本医療薬学会年会(新潟)、要旨集、p433、2012年10月28日

 

 

* 林秀樹、小塩真司、辻大樹、井上和幸、内野智信、小菅和仁、宮嵜靖則、賀川義之、山田浩、伊藤邦彦:病院実習における学生満足度に影響する因子の構造方程式モデリングを用いた解析

第22回日本医療薬学会年会(新潟)、要旨集、p483、2012年10月28日

 

 

* 田代将貴、内藤隆文、賀川義之、川上純一: 
がん悪液質はオキシコドン服用患者の血中オキシモルフォン濃度を上昇させる

日本臨床薬理学会第131年会(宜野湾市)要旨集、p274、2012年11月29日

 

 

* 内野智信、Fons Lefeber、Gert Gooris、Joke Bouwstra: 
ケトプロフェン封入ベシクルのキャラクタリゼーションと経皮吸収性評価

第21回DDSカンファランス(静岡)、要旨集、p20-21、2012年9月1日

 

 

* 内野智信: 薬物封入ベシクルの物性および経皮吸収性評価

第1回創剤カンファレンス静岡(静岡)、要旨集 2012年12月14日

 

 

* 賀川義之、川上純一、内藤隆文: オピオイド服用患者におけるプロクロルペラジンの体内動態と臨床効果

USフォーラム2012(静岡)、要旨集、p47、2012年9月26日

 

 

* 前田利男、山ア元貴、望月 淳、久田貴義: 脂肪肝およびインスリン抵抗性の発症に対する食物繊維の 改善作用と腸管内細菌叢に及ぼす影響との関連性

USフォーラム2012(静岡)、要旨集、p45、2012年9月26日

 

 

* 宮嵜靖則、内野智信、賀川義之: 五苓散坐剤の調製方法と放出特性

USフォーラム2012(静岡)、要旨集、p46、2012年9月26日

 

 

* 石井康子、谷澤久之、狩倉正実、宮瀬敏男、賀川義之: 
脳脊髄液中の神経伝達物質に及ぼす柿蒂液の影響

USフォーラム2012(静岡)、要旨集、p48、2012年9月26日

 

 

 

* 内野智信、宮嵜靖則、鈴木智、小松守、賀川義之:
バイオ医薬品中に含有されている凝集体用セルの評価

USフォーラム2012(静岡)、要旨集、p49、2012年9月25日

 

 

 

* 入江こはる、渡邉奈緒江、谷中里依子、坂本達一郎、南智、河原崎貴伯、前田利男、袴田康弘、 賀川義之: テイコプラニンの遊離形及び総濃度と臨床効果及び腎機能変化との関係

日本薬学会第131年会(静岡)要旨集4、p.265、2011年3月29日

 

 

* 加藤江里菜、鈴木友季子、川田恵美、谷中里依子、池谷真佑子、賀川義之、前田利男、田中 孝:
慢性胃潰瘍患者から分離されたH.Pyloriの抗菌薬感受性の推移

日本薬学会第131年会(静岡)要旨集4、p.292、2011年3月29日

 

 

* 袖野みどり、石月瑞穂、賀川義之、前田利男:
インスリン抵抗性自然発症マウスにおけるインスリン抵抗性および体重増加に及ぼす授乳の影響

日本薬学会第131年会(静岡)要旨集4、p.322、2011年3月29日

 

 

* 前田利男、佐藤聖、横山歩美、賀川義之: インスリン抵抗性自然発症マウスにおけるリポタンパク放出

日本薬学会第131年会(静岡)要旨集4、p.322、2011年3月29日

 

 

* 横山歩美、佐藤聖、賀川義之、前田利男:
インスリン抵抗性自然発症マウスの脂肪組織における脂肪分解能の低下

日本薬学会第131年会(静岡)要旨集4、p.322、2011年3月29日

 

 

* 鈴木一衛、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之:
スイッチOTC医薬品の製剤特性評価 経口固形製剤の溶出性 

日本薬学会第131年会(静岡)、要旨集4、p.251、2011年3月29日

 

 

* 鈴木常義、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之: 後発ステロイド軟膏からの主薬の放出性評価

日本薬学会第131年会(静岡)、要旨集4、p.307、2011年3月29日

 

 

* 鈴木常義: 長期実務実習で経験した病院と薬局の薬剤管理指導の違いについて

第57回(平成23年度)日本薬学会東海支部総会・大会、要旨集、p.113、2011年7月9日

 

 

* 吉田祥子、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之: 自己学習型処方実例データベースの構築と評価

第57回(平成23年度)日本薬学会東海支部総会・大会、要旨集、p.110、2011年7月9日

 

 

* 片桐由起子、宮嵜靖則、内野智信、賀川義之: 五苓散坐剤の調製方法と放出特性

第21回日本医療薬学会年会(神戸)、要旨集、p.144、2011年10月1日

 

 

* 鈴木一衛、大石勝康、野竹秀幸、森脇辰哉、賀川義之: 薬学生の視点で見た病院実習の成果と将来像

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部例会学術大会2011(愛知)、要旨集、p.50、2011年11月23日

 

 

* 内野智信、秋山欣三、伊藤邦彦、井上達秀、大貫よし子、河原崎貴伯、菅谷純子、森本達也、中野眞汎、並木徳之、野毛一郎、松山耐至、山田静雄、山田浩、賀川義之:
静岡県立大学・病院・地域薬局連携による薬物療法研修会の現況

日本薬学会第131年会(静岡)、要旨集4、p.369、2011年3月31日

 

 

* 林秀樹、辻大樹、井上和幸、内野智信、宮嵜靖則、賀川義之、伊藤邦彦:
病院実務実習における学生満足度の解析

日本薬学会第131年会(静岡)、要旨集4、p.838、2011年3月31日

 

 

* 内藤隆文、田代将貴、山本圭祐、賀川義之、川上純一: 
がん悪液質のステージ分類に基づくオキシコドンの体内動態および臨床効果の個人差の評価

第32回日本臨床薬理学会年会(浜松)、要旨集S236、2011年12月2日

 

 

* 筒井陽仁、前田利男、閔俊哲、稲垣真輔、東達也、賀川義之、豊岡利正:
UPLC-ESI-TOF-MSを用いたメタボローム解析による糖尿病関連バイオマーカーの検出

日本薬学会第131年会(静岡)、要旨集4、p.141、2011年3月29日

 

 

* 田代将貴、内藤隆文、高科嘉章、賀川義之、川上純一:
オピオイドとプロクロルペラジン併用患者におけるプロラクチン分泌挙動の個人差要因の解析

日本薬学会第131年会(静岡)、要旨集4、p.193、2011年3月30日

 

 

* 田代将貴、内藤隆文、高科嘉章、賀川義之、川上純一:
がん患者におけるプロクロルペラジンの制吐作用および有害作用に及ぼすDRD2の遺伝子変異の影響

第21回日本医療薬学会年会(神戸)、要旨集、p159、2011年10月1日

 

 

* 山本吉章、松田一己、高橋幸利、井上有史、賀川義之:
ラモトリギンの血中濃度に影響を及ぼす抗てんかん薬の検討

第21回日本医療薬学会年会(神戸)、要旨集、p329、2011年10月1日

 

 

* 鈴木匡、岡田浩美、土屋照雄、賀川義之、木村和哲、杉山正、並木徳之、平嶋尚英、中村光浩、  小菅和仁、前田徹、林秀樹、野口博司、小野秀樹、藤井聡:
三公立連携薬剤師生涯学習支援講座:3年間の活動とその評価

日本薬学会第131年会(静岡)、要旨集4、p.365、2011年3月31日

 

 

このページのトップに戻る

2009〜2010

* Ikuko Mizuno, Toshio Maeda , Nagatoshi Ide, Takami Oka:Feeding of aged garlic extract improves glucose intolerance and fatty liver in spontaneous diabetic mice.

Experimental Biology 2010 (Anaheim,USA) ,p.210, April 26, 2010

 

 

* 賀川義之: 一般シンポジウムS03:薬剤師リカレント学習支援プログラム:薬剤師が地域医療を支えるために「地域医療を支え、薬剤師の意欲を高めるリカレント教育と大学の役割」

日本薬学会第130年会(岡山)、要旨集1、p.176、2010年3月28日

 

 

* 渡邉奈緒江、袴田康弘、南智、坂本達一郎、杉山沙由里、木村緑、河原崎貴伯、前田 利男、賀川義之:グリコペプチド系抗菌薬に対する全身クリアランスが極度に高値を示した症例

日本薬学会第130年会(岡山)、要旨集4、p.172、2010年3月28日

 

 

* 田代将貴、内藤隆文、山本圭祐、高科嘉章、賀川義之、川上純一:がん患者におけるオキシコドンとその 代謝物の血中濃度と嘔吐出現  CYP2D6、CYP3A5、ABCB1およびOPRM1の遺伝子変異の影響 

日本薬学会第130年会(岡山)、要旨集4、p. 177、2010年3月28日

 

 

* 賀川義之、渡邉奈緒江、谷中里依子、坂本達一郎、南智、田代佳生、河原崎貴伯、前田利男、袴田康弘:テイコプラニンのピーク血漿中濃度と臨床効果

日本薬学会第130年会(岡山)、要旨集4、p.246、2010年3月28日

 

 

* 井出直仁、前田利男、賀川義之、後藤誠一:発酵ニンニクの摂取によりワルファリンと降圧剤の作用増強が現れた症例

日本薬学会第130年会(岡山)、要旨集4、p.258、2010年3月28日

 

 

* 鈴木匡、岡田浩美、土屋照雄、賀川義之、木村和哲、杉山正、並木徳之、平嶋尚英、中村光浩、小菅和仁、前田徹、林秀樹、野口博司、小野秀樹、藤井聡:三公立連携薬剤師生涯学習支援講座:実習プログラムの試みと評価

日本薬学会第130年会(岡山)、要旨集4、p.348、2010年3月28日

 

 

* 林秀樹、秋山欣三、石川滋彦、井上達秀、奥直人、賀川義之、川上純一、河原崎貴伯、菅谷純子、中野 眞汎、並木徳之、野毛一郎、松山耐至、森本達也、山田静雄、山田浩、伊藤邦彦:
静岡県立大学・病院・地域薬局連携による薬物療法研修会

日本薬学会第130年会(岡山)、要旨集4、p.351、2010年3月28日

 

 

* 横山歩美、羽毛田聡美、賀川義之、前田利男:
Estrogen Receptor 発現低下がインスリン抵抗性発症に与える影響

第56回日本薬学会東海支部総会・大会(岐阜)、講演要旨集、p.44、2010年7月3日

 

 

* 石月瑞穂、袖野みどり、賀川義之、前田利男:インスリン抵抗性自然発症マウスにおける摂食調節異常

第56回日本薬学会東海支部総会・大会(岐阜)、講演要旨集、p.44、2010年7月3日

 

 

* 袖野みどり、石月瑞穂、賀川義之、前田利男:授乳がインスリン抵抗性発症に及ぼす影響

第56回日本薬学会東海支部総会・大会(岐阜)、講演要旨集、p.86、2010年7月3日

 

 

* 内野智信、本田英博、柳原良次、高橋昌広、吉森孝行、小松守、櫻井智宏、賀川義之、鈴木 洋史:
   L-アスパラギナーゼ注射剤調製時に発生する凝集体に関する研究

日本薬剤学会第25年会(徳島)、要旨集、p.165、2010年5月14日

 

 

* 阿部敏秀、柳原良次、折山豊仁、内野智信、中島克佳、鈴木洋史:アスピリン腸溶錠の保存条件の変化に ともなう製剤特性の検討

日本ジェネリック医薬品学会第4回年会(東京)、要旨集p.20、2010年6月13日

 

 

* 内野智信、大川寛代、宮嵜靖則、本田英博、柳原良次、高橋昌広、吉森孝行、桜井智宏、中島克佳、   鈴木洋史、賀川義之:市販抗体製剤中に含有されている凝集体に関する研究

第20回日本医療薬学会年会(千葉)、要旨集、p.279、2010年11月14日

 

 

* 谷澤康玄、内野智信、前田利男、賀川義之:
静岡県立大学薬学部における「医薬品情報学」授業でのSGDの活用

第13回日本医薬品情報学会(静岡) 要旨集 p.128、2010年7月25日

 

 

* 小野哲也、星野心広、工藤敏之、五十嵐信智、伊藤清美、落合和、谷澤康玄、杉山清:
Brassicasterolによるラット膀胱発癌抑制メカニズムの解明

日本薬学会 第130年会(岡山) 要旨集4 p.185、2010年3月28日

 

 

* 薬力学的指標に基づく代謝拮抗薬の体内動態と免疫抑制作用・有害反応との関係解明
見野 靖晃, 内藤 隆文, 大塚 篤史, 大園 誠一郎, 賀川 義之, 川上 純一

 

CPCF2009、2009.08(名古屋)(受賞講演)

 

 

* Takafumi Naito, Shunsuke Tokashiki, Yasuaki Mino, Atsushi Otsuka, Seiichiro Ozono,
Yoshiyuki Kagawa, Junichi Kawakami.
Oral bioavailability of mizoribine is variable in stable kidney transplant recipients.

The 9th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2009.07 (Edinburgh, the United Kingdom).

 

 

* Yasuaki Mino, Takafumi Naito, Atsushi Otsuka, Seiichiro Ozono, Yoshiyuki Kagawa,
Junichi Kawakami.
Inosine monophosphate dehydrogenase activity depends on plasma concentrations of mycophenolic acid and its glucuronides in stable kidney transplant recipients.

The 9th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2009.07 (Edinburgh, the United Kingdom).

 

 

このページのトップに戻る

2007〜2008

* 見野 靖晃, 内藤 隆文, 渡嘉敷 俊介, 大塚 篤史, 牛山 知己, 大園 誠一郎, 賀川 義之,
川上 純一
腎移植患者におけるイノシン一リン酸脱水素酵素活性に及ぼすミコフェノール酸とそのグルクロン酸抱合体の体内動態の影響

第129回日本薬学会、2009.03(京都)

 

 

* 谷中 里依子, 前田 利男, 坂本 達一郎, 南 智, 宇津木 博明, 田代 佳生, 神戸 宏憲,
中村 和代, 杉山 沙由理, 木村 緑, 河原崎 貴伯, 袴田 康弘, 森 典子, 賀川 義之
薬物血中濃度実測値に基づくベイジアン解析時における血清シスタチンCの有用性

第129回日本薬学会、2009.03(京都)

 

 

* 谷澤 康玄, 秋山 欣三, 石川 滋彦, 井上 達秀, 伊藤 邦彦, 奥 直人, 小野 孝彦, 
加藤 安宏, 川上 純一, 菅谷 純子, 河原崎 貴伯, 中野 眞汎, 並木 徳之, 野毛 一郎,
松山 耐至, 山田 静雄, 山田 浩, 賀川 義之
静岡県立大学・病院・地域薬局連携による薬物療法研修会の現況

第129回日本薬学会、2009.03(京都)

 

 

* 前田 利男, 羽毛田 聡美, 横山 歩美, 入江 こはる, 渡邉 奈緒江, 野毛 一郎, 賀川 義之
新規系統分離したインスリン抵抗性自然発症マウスの脂肪組織における炎症性マクロファージの発現

第129回日本薬学会、2009.03(京都)

 

 

* 高崎 紘佑, 田代 将貴, 加藤 安宏, 前田 利男, 賀川 義之, 竹下 秀司, 松山 耐至, 坪井 声示
サラゾスルファピリジンの有害事象とNAT2およびABCG2の遺伝子多型に関する研究

第129回日本薬学会、2009.03(京都)

 

 

* 見野 靖晃, 内藤 隆文, 渡嘉敷 俊介, 大塚 篤史, 牛山 知己, 大園 誠一郎, 賀川 義之,
川上 純一.
ミコフェノール酸モフェチル服用患者における薬力学的指標としてのイノシン一リン酸脱水素酵素活性モニタリングの有用性.

第29回日本臨床薬理学会年会、2008.12 (東京)

 

 

* 渡嘉敷 俊介、内藤 隆文、見野 靖晃、大塚 篤史、牛山 知己、大園 誠一郎、賀川 義之、
川上 純一
腎移植患者におけるミゾリビンの体内動態に及ぼす腸管吸収と尿中排泄の影響.

第2回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2008.12(京都)

 

 

* Mariko Tachibana, Toshio Maeda, Takako Matsuo, Yoshiyuki Kagawa, Taiji Matsuyama,
Seiji Tsuboi.
Changes of glycosaminoglycans and proteoglycans in relation to the treatments with biological agents in rheumatois patients.

the 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology,

2008.09(Yokohama)

 

 

* 上田 衣織, 加藤 安広, 南 智, 坂本 達一郎, 木村 緑, 河原崎 貴伯, 前田 利男, 山田 浩,
高木 正和, 賀川 義之
高度侵襲手術後栄養療法における脂肪乳剤の緩徐投与による免疫能および栄養状態への影響

第18回日本医療薬学会年会、2008.09(北海道)

 

 

* 木村 緑, 林 秀樹, 加藤 安宏, 鍋田 いづみ, 南 智, 坂本 達一郎, 伊藤 邦彦, 賀川 義之,
河原崎 貴伯
静岡県立大学薬学部実務実習多数受け入れに向けて―実務家教員との連携を探る―

第18回日本医療薬学会年会、2008.09(北海道)

 

 

* 見野 靖晃, 内藤 隆文, 高科 嘉章, 賀川 義之, 川上 純一
HPLC-fluorescence法を用いたヒト血漿中遊離形ミコフェノール酸の測定法開発と臨床応用.

第48回日本臨床化学会年次学術集会、2008.08(浜松)

 

 

* Takafumi Naito, Tomomi Matsushita, Yasuaki Mino, Shunsuke Tokashiki, Atsushi Otsuka, Tomomi Ushiyama, Seiichiro Ozono, Akira Hishida, Yoshiyuki Kagawa, Junichi Kawakami
Comparison of pharmacokinetics of mycophenolic acid and its glucuronide between in patients with lupus nephritis and with kidney transplantation

The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics

2008.07 (Quebec, Canada).

 

 

* Yoshiaki Takashina, Takafumi Naito, Yasuaki Mino, Yoshiyuki Kagawa, Junichi Kawakami
Impact of transdermal absorption and genetic polymorphisms of CYP3A5 and MDR1 on fentanyl pharmacokinetics in patients with cancer pain.

The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics,

2008.07 (Quebec, Canada)

 

 

* 内藤 隆文, 見野 靖晃, 平野 公美, 渡嘉敷 俊介, 大塚 篤史, 牛山 知己, 大園 誠一郎,
賀川 義之, 川上純一
腎移植患者におけるミコフェノール酸とそのグルクロン酸抱合体の尿中排泄動態に及ぼすカルシニューリン阻害薬の影響.

第 54 回日本薬学会東海支部総会・大会、2008.07(名古屋)

 

 

* 山本 圭祐, 加藤 安宏, 谷澤 康玄, 鈴木 大介, 丹 健行, 上田 衣織, 賀川 義之
無包装状態におけるシメチジン錠の安定性試験

日本ジェネリック医薬品学会 第 2 回学術学会、2008.06(新潟)

 

* 野毛 一郎、谷中 里依子、賀川 義之、前田 利男、林 良明
糖尿病患者におけるアディポサイトカインの血清中濃度の性差と加齢による変動.

第128回日本薬学会、2008.03(横浜)

 

 

* 河田 恵美、谷中 里依子、池谷 真佑子、前田 利男、賀川 義之、小島 紘一、田中 孝
H. pylori (Hp)除菌におけるCYP2C19遺伝子解析およびHp 抗菌薬感受性試験の有用性.

第128回日本薬学会、2008.03(横浜)

 

 

* 木津 葉子、高橋 雄太、石井 康子、山口 登喜夫、鈴木 勝昭、鈴木 崇代、山崎 あけみ、
曽我 俊幸、須賀 昭彦、賀川 義之
がん患者におけるストレスのバイオマーカーの可能性に関する研究.

第128回日本薬学会、2008.03(横浜)

 

 

* 高橋 雄太、羽田 竜也、石井 康子、山口 登喜夫、袴田 康弘、鈴木 勝昭、濱田 耕一、
鈴木 崇代、山崎 あけみ、曽我 俊幸、賀川 義之
抗うつ薬による治療効果の客観的評価の可能性.

第128回日本薬学会、2008.03(横浜)

 

 

* 前田 利男、渡邉 奈緒江、大木 理沙、橘 真理子、野毛 一郎、賀川 義之
インスリン抵抗性自然発症マウスにおけるインスリン抵抗性発症の性差.

第128回日本薬学会、2008.03(横浜)

 

 

* 谷澤 康玄、渡嘉敷 俊介、藍川 勝、杉山 清、賀川 義之
酸化マグネシウムのラット膀胱発癌抑制作用.

第128回日本薬学会、2008.03(横浜)

 

 

* 科 嘉章、内藤 隆文、宮本 康敬、大村 知広、石代 真貴子、見野 靖晃、賀川 義之、
川上 純一
がん性疼痛患者におけるフェンタニルの個別化投与設計法の確立を目的とした体内動態評価法の開発.

第17回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会、2008.02(名古屋)

 

 

* 内藤 隆文、高科 嘉章、見野 靖晃、賀川 義之、川上 純一
がん性疼痛患者におけるフェンタニルの体内動態に及ぼすフェンタニル貼付剤の放出動態とCYP3A5*3 の影響.

第1回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2007.12(東京)

 

 

* 河田 恵美、谷中 里依子、池谷 真佑子、前田 利男、賀川 義之、小島 紘一、田中 孝
H. pylori 除菌における遺伝子解析および抗菌薬感受性試験の有用性.

第1回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2007.12(東京)

 

 

* 見野 靖晃、内藤 隆文、松下 朋未、平野 公美、大塚 篤史、牛山 知己、大園 誠一郎、
賀川 義之、川上 純一
腎移植患者におけるミコフェノール酸アシルグルクロン酸抱合体の体内動態に及ぼすUGT2B7遺伝子多型の影響.

第28回日本臨床薬理学会年会、2007.11(宇都宮)

 

 

* 高科 嘉章、内藤 隆文、大村 知広、見野 靖晃、賀川 義之、川上 純一
癌性疼痛患者におけるフェンタニルの体内動態に及ぼすパッチからの放出量とCYP3A5遺伝子多型の影響.

第28回日本臨床薬理学会年会、2007.11(宇都宮)

 

 

* 熊谷 翼、石井 康子、加藤 安宏、賀川 義之、栗田 美奈江、杉浦 昌文、森田 俊、
滝浪 信恵、森田 みつ子、大門 貴志、山田 浩
CRC教育におけるコミュニケーションスキル評価の標準化のための評価項目の検討.

第28回日本臨床薬理学会年会、2007.11(宇都宮)

 

 

* 石代 真貴子、乾 直輝、竹内 和彦、浅井 正嘉、影山 美智代、乙部 恵美子、内田 信也、
山田 静雄、川上 純一、賀川 義之、渡邉 裕司
CYP3A4活性に及ぼすHMG-CoA還元酵素阻害薬の影響.

第28回日本臨床薬理学会年会、2007.11(宇都宮)

 

 

* Yasuaki Mino, Takafumi Naito, Tomomi Matsushita, Kumi Hirano, Atsushi Otsuka,
Tomomi Ushiyama, Seiichiro Ozono, Yoshiyuki Kagawa, Junichi Kawakami
Impact of UGT2B7*2 on trough concentrations of mycophenolic acid and its acyl glucuronide in Japanese stable renal transplant recipients.

The 8th International Society for the Study of Xenobiotics meeting, 2007.10 (Sendai)

 

 

* 松下 朋未、内藤 隆文、見野 靖晃、平野 公美、大塚 篤史、牛山 知己、大園 誠一郎、
菱田 明、賀川 義之、川上 純一
全身性エリテマトーデス患者における代謝拮抗性免疫抑制薬ミコフェノール酸の体内動態 - 腎移植患者との体内動態の比較 - .

第17回日本医療薬学会年会、2007.09(前橋)

 

 

* 高科 嘉章、内藤 隆文、宮本 康敬、見野 靖晃、賀川 義之、川上 純一
癌性疼痛患者におけるフェンタニルパッチのフェンタニル残存量とその体内動態の評価法の確立.

第17回日本医療薬学会年会、2007.09(前橋)

 

 

* 上田 衣織、加藤 安宏、黒見 公一、小和田 和宏、山本 政利、賀川 義之
塩酸チクロピジン錠の一包化及び粉砕状態における安定性の評価.

第1回日本ジェネリック医薬品学会学術大会、2007.05(東京)

 

 

* Takafumi Naito, Yasuaki Mino, Kasumi Yamakawa, Atsushi Otsuka, Tomomi Ushiyama,
Seiichiro Ozono, Yoshiyuki Kagawa, Junichi Kawakami
CYP3A5*3 influences plasma trough concentration of mycophenolic acid in combination with tacrolimus, but not cyclosporine, during the maintenance period following renal transplantation.

The Third Pharmaceutical Sciences World Congress, 2007.04 (Amsterdam)

 

 

* 松尾 貴子、前田 利男、賀川 義之、松山 耐至、坪井 声示
若年性特発性関節炎の1症例におけるエタネルセプトの治療効果についての臨床的検討.

第51回日本リウマチ学会、2007.04(横浜)

 

 

* 松尾 貴子、前田 利男、賀川 義之、松山 耐至、坪井 声示
関節リウマチ患者における生物学的製剤治療の有効性評価と血清マーカーの変動.

第51回日本リウマチ学会、2007.04(横浜)

 

 

このページのトップに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ メンバー 研究内容 活動内容 業績 行事