静岡県立大学薬学部 衛生分子毒性学分野
Laboratory of Molecular Toxicology, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka
Home Member 研究概要 Publication 学会発表 イベント
 
  研究概要

国民衛生向上と創薬に向けた化学物質の安全性科学

Chemical Safety Science for National Health and Drug Development

  医薬品や化粧品、農薬、食品添加物、健康食品・サプリメントなど、ヒトは化学物質に囲まれて生活しており、有益な作用をもった化学物質の開発と利用は、人類が健康で豊かな生活を営むためには現代では欠くことができません。一方で、医薬品の副作用、化学物質による環境汚染など、化学物質の有害作用による健康被害がしばしば認められ、これらに対する社会的関心が高くなっています。したがって、化学物質の解毒機構や生体影響の理解が、国民衛生の維持・向上や医薬品等の機能性化学物質の開発においてますます重要になっています。
  化学物質の解毒には、肝に多く発現する薬物代謝酵素が主要な役割を果たしています。薬物代謝酵素の発現レベルは異物の曝露や栄養・生理状態の変化によって変動し、核内受容体と呼ばれる一連のタンパク質がその制御の中心を担っていることが明らかになってきました。一方で、核内受容体はホルモン作用、エネルギー(糖・脂質)代謝、細胞増殖・発がん、炎症反応といった、様々な細胞機能・生体反応にも関与し、これが化学物質の有害作用発現と関連していることも分かりつつあります。さらに、核内受容体の構造と機能の種差が化学物質の有害作用の種差の原因となるケースも知られています。
このような背景のもと、私達の研究室では以下のテーマの研究を行っています。
薬物代謝酵素や脂質代謝酵素の発現変動メカニズムの解明
異物応答性核内受容体の生理学的・毒性学的役割の解明
薬剤性肝障害・肝がんの機序解明と予測系開発
肝障害の新規治療法の開発
インビトロ・インシリコ手法を利用した化学物質の安全性評価系(動物実験代替法)の開発






Copyright © 2015 Laboratory of Molecular Toxicology, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka. All rights reserved.